[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

堂安律が豪快デビュー弾 わずか25分の実力証明を独紙称賛「目を引いたのはドウアンだ」

海外サッカー・ドイツ1部ブンデスリーガのフライブルクに完全移籍した日本代表MF堂安律が9日、スイス1部のザンクト・ガレンとのテストマッチに途中出場し、新天地デビュー戦で初ゴールを決めてみせた。自らゴールシーンの動画を公開。ドイツ紙から「相手を翻弄していた」と称賛の声が上がった。

堂安律【写真:Getty Images】
堂安律【写真:Getty Images】

堂安律がフライブルク移籍後“初ゴール”

 海外サッカー・ドイツ1部ブンデスリーガのフライブルクに完全移籍した日本代表MF堂安律が9日、スイス1部のザンクト・ガレンとのテストマッチに途中出場し、新天地デビュー戦で初ゴールを決めてみせた。自らゴールシーンの動画を公開。ドイツ紙から「相手を翻弄していた」と称賛の声が上がった。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 堂安がいきなり実力を見せた。60分ハーフのテストマッチ。後半から途中出場すると、2-3の85分にネットを揺らした。エリア外の右サイドでボールを受けてカットイン。左足を振り抜き、ニアサイドに豪快な一撃を突き刺した。

 自らのSNSに動画を公開。文面に「僕のフライブルクでの初ゴール」と英語でつづった。わずか25分で結果を残し、ドイツ大衆紙「ビルト」は「フライブルクのベストプレーヤーは新加入のリツ・ドウアン!」と注目。「日本人選手は2時間制ゲームの後半に投入され、30分間プレー。わずか25分後には3-3となるデビュー戦ゴールを決めた」と伝えた。

 さらに「ゴールを決める前も右のサイドアタッカーは躍動、相手を翻弄していた」と称賛。クリスティアン・シュトライヒ監督は「彼が非常にすばしこく、相手にとって動きの読めない選手であることが分かったと思う。チームの攻撃にオプションをもたらしてくれる」と高く評価したという。

 地元紙「バーディッシェ・ツァイトゥング」も「目を引いたのは、ルーカス・ヘラーとマクシミリアン・エッゲシュタイン、そして新加入のリツ・ドウアンだった」と報道。「ドウアンは競り合いに何度か挑み、その全てで勝つことはできなかったものの、スピードとテクニックには目を見張るものがあった」と実力を称えた。

 堂安は2021-22年はPSVで公式戦39試合で11得点。国内カップ戦の優勝に貢献し、今月5日にフライブルクへの完全移籍が決定したばかりだった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集