[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、9回19号直後に逆転サヨナラ負け 「あまりにも美しいなおエ」と皮肉殺到

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手が8日(日本時間9日)、敵地オリオールズ戦に「3番・DH」で先発し、9回に点差を広げる中越えの19号ソロを放った。米メディアが豪快弾の動画を公開。なお、エンゼルスは直後に逆転サヨナラ負けを喫した。型通りの「なおエ」の状態となり、ツイッター上では日本人ファンからは「芸術的なおエ」「美しいなおエ」と皮肉交じりのコメントが相次いだ。

エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

大谷翔平が19号ソロも…エンゼルス逆転サヨナラ負け

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手が8日(日本時間9日)、敵地オリオールズ戦に「3番・DH」で先発し、9回に点差を広げる中越えの19号ソロを放った。米メディアが豪快弾の動画を公開。なお、エンゼルスは直後に逆転サヨナラ負けを喫した。型通りの「なおエ」の状態となり、ツイッター上では日本人ファンからは「芸術的なおエ」「美しいなおエ」と皮肉交じりのコメントが相次いだ。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 大谷のダメ押し弾が空砲に変わった。3-2の9回2死走者なし。初球を中堅左に弾き返した。飛距離418フィート(約127.4メートル)の19号ソロ。チームを助ける一発だが、ここから「なおエ」が発動した。2点リードのまま最終回のマウンドに上がったのは、守護神のライセル・イグレシアス。2死までたどり着いたものの、4連打で3失点。悪夢のサヨナラ負けだ。

 大谷が活躍してもチームが勝てないのは、エンゼルスにおいて珍しくない展開。最近では「なお、エンゼルスは~」を意味するネット用語「なおエ」が流行っている。この日は絵に描いたような逆転負けに、ツイッター上の日本人ファンから“発展”した「なおエ」が殺到した。

「芸術的ななおエ」
「なおエすぎて酷い」
「流石のなおエ」
「酷いなおエ」
「今日も美しい『なおエ』」
「完璧な なおエ」
「流れるような『なおエ』のテンプレート」
「超なおエ」
「美しいほどになおエ」
「今日のなおエはグロすぎるww」
「あまりにも美しいなおエでビビった」
「あまりに鮮やかななおエ」

 トラウトとともに19日の球宴先発に選出された大谷。この日は3安打の猛打賞を記録したが、4-5の敗戦にファンもショックだったようだ。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集