[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平19号後のサヨナラ負け 「今季最悪の敗戦」と米記者辛辣「これがエンゼルス」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手が8日(日本時間9日)、敵地オリオールズ戦に「3番・DH」で先発し、9回に点差を広げる中越えの19号ソロを放った。米メディアが豪快弾の動画を公開。なお、エンゼルスは直後に逆転サヨナラ負けを喫した。米記者は「今季最悪の敗戦と言える」と辛辣な言葉を並べている。

9回に中越えの19号ソロを放ったエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
9回に中越えの19号ソロを放ったエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

大谷翔平が19号ソロも…エンゼルス逆転サヨナラ負け

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手が8日(日本時間9日)、敵地オリオールズ戦に「3番・DH」で先発し、9回に点差を広げる中越えの19号ソロを放った。米メディアが豪快弾の動画を公開。なお、エンゼルスは直後に逆転サヨナラ負けを喫した。米記者は「今季最悪の敗戦と言える」と辛辣な言葉を並べている。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 土壇場で「なおエ」が炸裂した。先発のリード・デトマーズが6回無失点の力投、主砲マイク・トラウトの8戦ぶり24号先制3ラン、そして9回に大谷の19号ソロが生まれるなど奮闘したエンゼルス。しかし、最後にやられた。守護神ライセル・イグレシアスが4-2の9回2死から4連打を浴びて3失点。ア・リーグ東地区最下位のオリオールズに痛恨のサヨナラ負けを喫した。

 大谷が活躍してもチームは敗れてしまう展開。「なお、エンゼルスは~」を意味し、日本のファンの間ではお馴染みとなっているネット用語「なおエ」の状態となった。ツイッター上では、米記者たちも同様に嘆き節だ。AP通信のグレッグ・ビーチャム記者は「エンゼルスにとって今季最悪の敗戦と言えるが、これがエンゼルス。まず最初にこれを考える必要がある」と投稿した。

 米スポーツメディア「ジ・アスレチック」のエンゼルス番サム・ブラム記者も、「エンゼルスにとって本当に辛い負け方。ここ7週間こういう敗戦ばっかりだ」と強調。「トラウトやオオタニ、デトマーズは素晴らしかったが、ブルペン陣が崩壊した。何かが上手くいっても、違う方で上手くいかない」と憂いている。

 この日、大谷は5打数3安打1打点だった。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集