[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平の“パワーだけじゃない”能力を称賛 敵地の元MLB選手「コンタクト力も…」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は6日(日本時間7日)、敵地マーリンズ戦に「3番・投手兼DH」で先発出場。打っては決勝の2点タイムリー、投げては7回2安打1失点で8勝目を挙げた。同点で迎えた5回の第3打席、勝ち越し打を放った二刀流のスーパースターに、敵地中継局も脱帽している。

敵地マーリンズ戦に「3番・投手兼DH」で先発した大谷翔平【写真:Getty Images】
敵地マーリンズ戦に「3番・投手兼DH」で先発した大谷翔平【写真:Getty Images】

ドジャースなどで活躍したトミー・ハットン氏

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は6日(日本時間7日)、敵地マーリンズ戦に「3番・投手兼DH」で先発出場。打っては決勝の2点タイムリー、投げては7回2安打1失点で8勝目を挙げた。同点で迎えた5回の第3打席、勝ち越し打を放った二刀流のスーパースターに、敵地中継局も脱帽している。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 勝負強さを発揮し、8勝目を挙げた自らを援護した。1-1の同点に追いついた5回2死満塁のチャンス。大谷はカウント2-2と追い込まれながら、外角高めの97マイル(約156.1キロ)を逆らわずに打ち返す。広く開いた三遊間を破る2点適時打となり、一塁に走り出しながらガッツポーズも飛び出した。

 敵地マイアミで放送している「バリースポーツ・フロリダ」の実況は「打球はシフトを破りレフトに。ショウヘイ・オオタニが2点適時打で自分自身を助けました。エンゼルスは3-1でリードを奪いました」と伝えた。味方のエラー絡みで失点を許した後、完璧なピッチングを見せていた「投手・大谷」を救う「打者・大谷」の活躍を称えていた。

 かつてドジャースやフィリーズなどで活躍した解説のトミー・ハットン氏は「逆方向に運びましたが、どんなタイプのヒッターなのか証明しましたね。彼にはパワーもありますが、コンタクト力もあります。穴を突いて、2点適時打を放つことができるのです。この一打でトレバー・ロジャースを降板させました」と感嘆モードだった。

 豪快なビッグフライが代名詞の大谷だが、コンタクトヒッターとしての技術にも高い評価。粘りの投球を続けていた先発左腕をマウンドから引きずり下ろした一撃は、敵地でも注目を集めていた。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集