[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平が勝ち越し2点打! 自ら援護に敵地記者も脱帽「自身を自身で…人間じゃない」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は6日(日本時間7日)、敵地マーリンズ戦に「3番・投手兼DH」で先発出場。同点に追いついて迎えた5回の第3打席で勝ち越しの2点タイムリーを放ち、自らを援護した。敵地記者もこの一打に「彼自身を彼自身で援護。彼は人間じゃない」と驚いている。

エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

マーリンズ戦に「3番・投手兼DH」で出場

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は6日(日本時間7日)、敵地マーリンズ戦に「3番・投手兼DH」で先発出場。同点に追いついて迎えた5回の第3打席で勝ち越しの2点タイムリーを放ち、自らを援護した。敵地記者もこの一打に「彼自身を彼自身で援護。彼は人間じゃない」と驚いている。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 大谷は初回のマウンドで犠飛を打たれ、4戦ぶりに失点。その後は得点を与えず、0-1で迎えた5回だ。2死満塁からトラウトの押し出し死球で同点に追いつき、なおも大谷の第3打席。2-2と追い込まれながら、外角高めの97マイル(約156.1キロ)を逆方向へ。広く開いていた三遊間を破る勝ち越しの2点タイムリーとなり、一塁ベースに達する前にはガッツポーズとともに吠えた。

 自らを援護する一打に、ツイッター上の米記者たちも反応した。米フロリダ州地元紙「サンセンチネル」のデイブ・ハイド記者は「オオタニの5回2死からの2点適時打がオオタニを勝ち投手のポジションに置く」と、二刀流ならではの事象を表現した。

 米フロリダ州マイアミ地元局「WPLG」のスポーツプロデューサーのデビッド・ラング氏は「オオタニ:彼自身を彼自身で援護。彼は人間じゃない」と脱帽。米カリフォルニア州地元紙「オレンジカウンティ・レジスター」のジェフ・フレッチャー記者は「ショウヘイ・オオタニが2点適時打。エンゼルスは3-1リードとなり、このアウェイ連戦で初の複数得点回に」と、貴重な一打で合ったことを伝えた。

 今季8勝目を狙う大谷。今季はチームの連敗を何度も止めているが、この試合でも期待がかかっている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集