[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

鈴木誠也、復活ランニング弾に地元メディアも熱狂「ハリウッド的」「言葉を失った」

カブスの鈴木誠也外野手が4日(日本時間5日)、敵地ブルワーズ戦に「4番・右翼」で出場。39日ぶりのメジャー復帰戦で、9回に一時勝ち越しとなる5号ランニング本塁打を放つなど4打数2安打1打点と躍動した。相手の守護神から打った一撃に、地元メディアも「ハリウッド的」「言葉を失った」と称賛を送っている。

9回にランニング本塁打を放つカブスの鈴木誠也【写真:ロイター】
9回にランニング本塁打を放つカブスの鈴木誠也【写真:ロイター】

ブルワーズ戦で39日ぶりに復帰

 カブスの鈴木誠也外野手が4日(日本時間5日)、敵地ブルワーズ戦に「4番・右翼」で出場。39日ぶりのメジャー復帰戦で、9回に一時勝ち越しとなる5号ランニング本塁打を放つなど4打数2安打1打点と躍動した。相手の守護神から打った一撃に、地元メディアも「ハリウッド的」「言葉を失った」と称賛を送っている。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 激走後、ガッツポーズも飛び出た。1-1の同点で迎えた9回1死走者なし。鈴木は相手の守護神ヘイダーが投じた95マイル(152.9キロ)速球を強振。打球は中堅フェンスの角度のついた部分に直撃し、無人の右中間方向へと転がっていった。中堅手オルテガが慌てて追いかける中、鈴木も全力疾走。一挙ホームを狙った。捕手のタッチをかわして滑り込み、ホームイン。ベンチもお祭り騒ぎとなった。

 復帰戦でいきなり結果を残した鈴木に、地元メディアも称賛を送った。米地元放送局「NBCスポーツ・シカゴ」は「オールスター級の投手、ジョシュ・ヘイダーからランニング本塁打を打った」と、通算121セーブをマークしている投手からの一打を報道。「セイヤ・スズキが復帰したカブスはハリウッド的なエンディングだった」としながらも、チームがその裏に追いつかれて2-5で敗れたことを無念がった。

 またカブス専門メディア「ブリーチャー・ネーション」は、ブレット・テイラー記者の記事を掲載。「私は言葉を失った。地上から浮いていたと思うし、起きた現象を説明することはできなかった。正気を失ったのである。家族は私がおかしくなったと思ったようだ」と、この一打に自身が大興奮した様子を伝えていた。鈴木は7回にも右前打を放ってマルチ安打をマーク。復帰戦でいきなり結果を残した。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集