[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

鈴木誠也、絶対的クローザー打ち復活ランニングHR 米記者興奮「冗談だろ!よくぞ…」

カブスの鈴木誠也外野手が4日(日本時間5日)、敵地ブルワーズ戦に「4番・右翼」で出場。39日ぶりのメジャー復帰戦で、9回に一時勝ち越しとなる5号ランニング本塁打を放つなど4打数2安打1打点と躍動した。相手の守護神から打った一撃を、MLB公式も映像で注目。米記者も「冗談だろ! よくぞ戻ってきた!」と興奮気味に速報していた。

9回にランニング本塁打を放つカブスの鈴木誠也【写真:ロイター】
9回にランニング本塁打を放つカブスの鈴木誠也【写真:ロイター】

ブルワーズ戦で39日ぶりに復帰

 カブスの鈴木誠也外野手が4日(日本時間5日)、敵地ブルワーズ戦に「4番・右翼」で出場。39日ぶりのメジャー復帰戦で、9回に一時勝ち越しとなる5号ランニング本塁打を放つなど4打数2安打1打点と躍動した。相手の守護神から打った一撃を、MLB公式も映像で注目。米記者も「冗談だろ! よくぞ戻ってきた!」と興奮気味に速報していた。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 メジャー初のランニング弾だ。1-1の同点で迎えた9回1死、鈴木は相手の守護神ヘイダーの95マイル(152.9キロ)速球をとらえた。もう少しで柵越えという打球は中堅フェンスに直撃。角度のついた部分に当たり、ボールは無人の右中間方向へ転がった。中堅手オルテガが慌てて追いかける中、鈴木も全力疾走。捕手のタッチをかわして滑り込み、ホームインした。

 実際の映像をMLB公式ツイッターが公開。試合前まで防御率1.05、25セーブをマークしていたヘイダーから得点を奪い、味方ベンチも大盛り上がりだ。ツイッター上の米記者も“復活弾”を速報。米地元紙「シカゴ・サンタイムズ」のマディー・リー記者は「2度目の自己紹介、最高だ。セイヤ・スズキが中堅へ放ち、塁を駆け回るとランニング本塁打となった」と、開幕直後の躍動と重ねるように伝えた。

 カブス専門メディア「ブリーチャー・ネーション」のマイケル・セラミ記者は「冗談だろ! ブルワーズ戦9回にインサイド・パーク・ホームラン! セイヤ! よくぞ戻ってきた!」と興奮気味。米地元紙「シカゴ・トリビューン」のメーガン・モンテムロ記者は「セイヤ・スズキがランニング本塁打。カブスでは2017年8月7日ジャイアンツ戦のハビアー・バエズ以来」と、球団では約5年ぶりのランニングHRだったと紹介した。

 鈴木の一打で勝ち越したカブスだったが、その裏に同点に追いつかれ、延長10回サヨナラ負け。ただ、鈴木は7回にも右前打を放ってマルチ安打をマーク。復帰戦でいきなり結果を残した。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集