[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平かトラウトを「トレードせよ」 低迷エ軍に米提言「なぜならレンドンが…」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は3日(日本時間4日)、敵地アストロズ戦に「3番・指名打者」で先発出場。3回の第2打席で適時打を放ったが、チームは2-4で敗れシリーズ3連敗を喫した。今季最多借金7と苦境のチームに対し、地元メディアは大谷かマイク・トラウト外野手をトレードで放出することを提案している。

米メディアは大谷翔平のトレード放出を提案【写真:ロイター】
米メディアは大谷翔平のトレード放出を提案【写真:ロイター】

トラウトの失望、レンドンとの大型契約による障壁も指摘

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は3日(日本時間4日)、敵地アストロズ戦に「3番・指名打者」で先発出場。3回の第2打席で適時打を放ったが、チームは2-4で敗れシリーズ3連敗を喫した。今季最多借金7と苦境のチームに対し、地元メディアは大谷かマイク・トラウト外野手をトレードで放出することを提案している。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

「エンゼルスは球団を救うためにマイク・トラウトかショウヘイ・オオタニをただ放出すべき」とのタイトルで特集したのは米スポーツメディア「スポーティング・ニュース」だった。

 主砲トラウトは2014年から3度MVPを受賞し、MVP投票で9度トップ5に選出される活躍を続けながらも、エンゼルスがポストシーズンに出場したのはその間、たった1度という状況を説明。「エンゼルスの数々の失敗は彼のせいではない」と分析し、投手陣の脆弱さが球団の問題であり続けていると指摘している。

 不平、不満を公にすることはないトラウトだが、6月28日のホワイトソックス戦で炎上した中継ぎのエルビス・ペゲロ投手に対し、投球時の癖を試合中のセンターのポジションから“実演”して指摘したとされている。

 その動画も公開した同メディアは「トラウトもフラストレーションを抱えている。メンタル的に疲弊しているように見える。怒ってはいないが、ただ失望していた」と主砲の精神状態を分析している。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集