[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 股が完全に裂けた!? “180度開脚キャッチ”に米騒然「痛そう、とっても痛そう」

股が完全に裂けた!? “180度開脚キャッチ”に米騒然「痛そう、とっても痛そう」

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は3日(日本時間4日)のレンジャーズ戦に「5番・DH」でスタメン出場。第1打席で一塁強襲安打を記録するなど、3打数1安打だった。試合はエンゼルスが3-1で勝利したが、この一戦で脚光を浴びているプレーの一つが、レンジャーズの一塁手、グーズマンの“180度開脚キャッチ”だ。MLB公式ツイッターなどが好プレーを動画で公開している。

ロナルド・グーズマン【写真:Getty Images】
ロナルド・グーズマン【写真:Getty Images】

大谷出場試合でレンジャーズ一塁手が“180度開脚”しながら捕球するシーンが話題に

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は3日(日本時間4日)のレンジャーズ戦に「5番・DH」でスタメン出場。第1打席で一塁強襲安打を記録するなど、3打数1安打だった。試合はエンゼルスが3-1で勝利したが、この一戦で脚光を浴びているプレーの一つが、レンジャーズの一塁手、グーズマンの“180度開脚キャッチ”だ。MLB公式ツイッターなどが好プレーを動画で公開している。

【特集】「頑張った先の結果」から見えるもの 水泳が育てる“自分を知る力”とは / 競泳 伊藤華英さんインタビュー(GROWINGへ)

 2回、エンゼルスが2点を先制し、なお2死二塁の場面だった。沸かせたのはレンジャーズの2人だ。打席のエルモシージョの打球はボテボテのサードへのゴロ。これを前進して素手でさばいたのが、“助演”のカイナーファレファだ。そのまま一塁へ、弾むようにジャンピングスロー。しかし、送球がわずかに二塁寄りにずれてしまった。

 ここで“主演”の一塁手グーズマンが魅せた。グラブをはめた右手と右足を目いっぱい伸ばしながらキャッチ。死んでも左足だけはベースから離すまいと、踏ん張った両足は“180度開脚”状態に。股が裂けそうな体勢になったが、体の柔らかさも発揮し、難なく処理してみせたのだった。

 このプレーを、MLBとレンジャーズの公式ツイッターでも公開。「これはすごい」「ワオ。ただただワオ」「彼はヨガをやっているんだ、まちがいない!」「これを見ているだけで自分の筋が裂けるように感じるよ」「痛そう、とっても痛そう」などと称賛と同時に、股の具合を心配する声も多数上がっていた。

 試合には敗れてしまったが、グーズマンの“一塁手魂”はエンゼルスタジアムの観衆の心もキャッチしたはずだ。

1 2
全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー