[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平17号含む3発も…逆転される「なおエ」に米記者嘆き「なんだこの形勢逆転は」

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は28日(日本時間29日)、本拠地ホワイトソックス戦に「3番・DH」で先発し、中堅左に3試合ぶりの17号ソロを放った。なお、エンゼルスは5回に2本塁打を許すなど5失点で3-5のビハインドに。「なおエ」の状態となり、米記者も「なんだこの形勢逆転は」「つかの間だった」と嘆いている。

ホワイトソックス戦に「3番・DH」で先発しているエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
ホワイトソックス戦に「3番・DH」で先発しているエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

大谷翔平が「3番・DH」で先発

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は28日(日本時間29日)、本拠地ホワイトソックス戦に「3番・DH」で先発し、中堅左に3試合ぶりの17号ソロを放った。なお、エンゼルスは5回に2本塁打を許すなど5失点で3-5のビハインドに。「なおエ」の状態となり、米記者も「なんだこの形勢逆転は」「つかの間だった」と嘆いている。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 つかの間の喜びだった。ベラスケス、トラウトがソロを放った3回。大谷が続いた。2-0の2死走者なしから先発右腕クエトの141キロのカットボールを強振。初回にフェンス直撃二塁打に続き、左中間フェンスを越える17号ソロをお見舞いした。この回3発目に球場はお祭り騒ぎ。しかし、5回に投手陣が撃ち込まれ、逆転を許した。

 大谷が活躍してもチームが勝てないのは、エンゼルスにおいて珍しくない展開。最近では「なお、エンゼルスは~」を意味するネット用語「なおエ」が流行っている。6回まで3-5と勝敗は決まっていないものの、米記者もツイッターで嘆き節だ。

 米スポーツ専門サイト「ジ・アスレチック」などに寄稿していたブレント・マグワイア記者は「ルイス・ロベルトがバックスクリーンに448フィートの本塁打。エンゼルスは3-5となった。なんだこの形勢逆転は」と投稿。米スポーツメディア「ジ・アスレチック」のエンゼルス番サム・ブラム記者は、同点時に「つかの間だった。ホワイトソックスはジョシュ・ハリソンの本塁打で同点」とつづっている。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集