[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

エンゼルスの“報復死球”を予期? 敵番女性レポーター「球場職員すら話題にしてた」

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手が26日(日本時間27日)、出場した本拠地マリナーズ戦で大乱闘が起きた。殴り合いが勃発し、両軍計8人が退場。米国の各メディアが動画を公開している中、マリナーズ番の女性レポーターは「(試合前に)ファンや従業員でさえそれについて話していた」などと報じた。

エンゼルスとマリナーズで大乱闘が勃発。両軍計8人が退場した【写真:ロイター】
エンゼルスとマリナーズで大乱闘が勃発。両軍計8人が退場した【写真:ロイター】

大谷翔平出場試合で大乱闘勃発

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手が26日(日本時間27日)、出場した本拠地マリナーズ戦で大乱闘が起きた。殴り合いが勃発し、両軍計8人が退場。米国の各メディアが動画を公開している中、マリナーズ番の女性レポーターは「(試合前に)ファンや従業員でさえそれについて話していた」などと報じた。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 2回、エンゼルスの先発ワンツに死球を受けたマリナーズのウィンカーが激怒。相手ベンチに向かって怒りを露わにする中、両軍の選手たちが一斉に飛び出した。体当たりにグーパンチなどヒートアップ。大谷も相手選手を後ろから抱きかかえて制止するなど、大混乱の退場劇だった。

 米メディアが動画を公開した中、米ワシントン州地元局「ROOTスポーツ・ノースウェスト」のレポーターのジェン・ミュラー氏はツイッターを更新。マリナーズの試合中継で現地レポーターを務めている同氏は「今朝、エンゼルスタジアムへ足を踏み入れた瞬間から、ファイトが起きることは明らかだった。ファンや従業員でさえそれについて話していた」と説明。「もし審判がそれに気づいていなかったのなら馬鹿げている。雑音には耳を貸さないけど、文脈は重要よ」と強調した。

 25日(同26日)の同カードでは、エンゼルスのマイク・トラウト外野手が3-5の9回2死一塁の場面で152キロの直球を頭部付近に投げられていた。直撃は免れたものの、投手を睨むような仕草を見せるなど珍しく怒りを露わに。この日のワンツが与えたのは“報復死球”とされている。選手やメディアも故意であることを指摘しているが、同レポーターも事前に察知していたようだ。

 エンゼルスは2-1の勝利を収め、「3番・DH」で出場した大谷は2打数無安打2四球だった。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集