[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ハンドボール41歳宮崎大輔、選手兼監督で4季ぶりリーグ復帰 「注目選手は宮崎大輔」

ハンドボールの元日本代表で41歳の宮崎大輔が27日、日本ハンドボールリーグ主催のオンライン会見に出席し、アースフレンズBMの選手兼監督として臨む新シーズン(7月2日開幕)への意気込みを語った。選手としては、2018-19年シーズン限りで退団した大崎電気時代以来4季ぶりの復帰。会見では監督として「一番の注目選手」を聞かれ、「それは宮崎大輔」と即答した。

オンライン会見に出席した、アースフレンズBMの選手兼監督を務める宮崎大輔(左)と主将の福田丈【写真:編集部】
オンライン会見に出席した、アースフレンズBMの選手兼監督を務める宮崎大輔(左)と主将の福田丈【写真:編集部】

ハンドボールのリーグ新シーズン記者会見

 ハンドボールの元日本代表で41歳の宮崎大輔が27日、日本ハンドボールリーグ主催のオンライン会見に出席し、アースフレンズBMの選手兼監督として臨む新シーズン(7月2日開幕)への意気込みを語った。選手としては、2018-19年シーズン限りで退団した大崎電気時代以来4季ぶりの復帰。会見では監督として「一番の注目選手」を聞かれ、「それは宮崎大輔」と即答した。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 宮崎の新たな挑戦が始まる。注目選手に自身を挙げ、こう語った。

「彼をどこで出すか、どう使うかですね。『いまだに走れて、キレのある動きができる』と彼も豪語していますので、楽しみにしておいてください。チームとしては、まず1勝を勝ち取ることです。初戦は運良く(昨季)王者の豊田合成さんと戦うことになりますので、ここで勝って基準をつくり、一戦一戦を大切に戦っていきたいと思います」

 隣で聞いていたキャプテンの福田丈も、「(宮崎は)いまだに年齢を感じさせない動きなので、選手一同、一緒にコートに立って戦いたいと思っています」とコメント。その上でコンディションを聞かれた宮崎は、「まだ(20年6月に手術を受けた)右肩はリハビリ中です」と明かしながら、「どうにか1点を獲りたいです。フィールド得点数は歴代1位(971得点)なので更新したいです。チームは19人中7人しかこのリーグを経験していませんが、厳しい練習の成果を見せていき、ハンドボールを面白いと感じてもらえるようなプレーを見せていきたいです」と意気込んだ。

 宮崎は大崎電気を退団後、19年4月に母校の日体大に再入学し、21年3月に卒業した。昨年創設されたアースフレンズBMの選手兼監督に就任。チームは今季から日本ハンドボールリーグに参戦し、初戦は7月9日、ホームの東京・立川立飛でリーグ3連覇を狙う豊田合成と対戦する。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集