[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平に2被弾→13Kされたロイヤルズ地元紙はもはや“安堵”「しばらく見ずに済む」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は、22日(日本時間23日)まで行われたロイヤルズ戦で連日の大暴れ。21日(同22日)に打者として3ラン2本を含むキャリアハイの8打点を記録し、翌日の登板で8回2安打無失点。メジャーでは自己最多となる13奪三振をマークし、6勝目を挙げた。敵地メディアも「ア・リーグMVPをお腹いっぱいに堪能した」と2日間の活躍を称えている。

エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

打者で2発8打点→投手で0封13Kと2日間大暴れ

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は、22日(日本時間23日)まで行われたロイヤルズ戦で連日の大暴れ。21日(同22日)に打者として3ラン2本を含むキャリアハイの8打点を記録し、翌日の登板で8回2安打無失点。メジャーでは自己最多となる13奪三振をマークし、6勝目を挙げた。敵地メディアも「ア・リーグMVPをお腹いっぱいに堪能した」と2日間の活躍を称えている。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 大谷は「3番・DH」で出場した22日の試合で3ラン2発を含む8打点。チームは敗れたが打力を見せつけた。延長11回を戦い抜いた翌日、今度は「2番・投手兼DH」で先発登板。トラウト、ウォルシュがスタメンから外れ、守護神イグレシアスも登板しないことが決まっていた試合で、今季最長の8回を投げ2安打無失点。メジャー自己最多の13奪三振で今季6勝目を記録した。

 米地元紙「カンザスシティ・スター」は「ロイヤルズはショウヘイ・オオタニとエンゼルスに5-0で敗北 西海岸遠征は終了」との見出しで記事を掲載。「ロイヤルズはしばらくの間、ショウヘイ・オオタニを見なくて済む。彼らは日本のスター、そしてア・リーグMVPをお腹いっぱいに堪能した」と、大谷に圧倒された連戦を振り返った。エンゼルスとは7月25日(同26日)まで約1か月間対戦がないが、まるで安堵しているようだ。

 記事では投手・大谷について「オオタニはロイヤルズ打線を効率的に、そして淡々と斬っていった」と記載した。剛直球にスライダー、カーブ、スプリットなどを投げ分けたが「5回までに10個の三振を奪いながら、70球で終わらせていた。初回に2安打を許したあとは、16人連続で打者を打ち取った」と、初回以外は付け入る隙が無かった投球を称えていた。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集