[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、2発8点→0封13Kに仰天の声続出 完全試合男も「ジャッジが可愛く見える」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は、22日(日本時間23日)まで行われたロイヤルズ戦で連日の大暴れ。21日(同22日)に打者として3ラン2本を含むキャリアハイの8打点を記録し、翌日の登板で8回2安打無失点。メジャーでは自己最多となる13奪三振をマークし、6勝目を挙げた。MLB史に残る2日間を目の当たりにした米国の関係者たちからも、驚きの声が続出している。

大谷翔平の連日の活躍に多方面から称賛の声【写真:ロイター】
大谷翔平の連日の活躍に多方面から称賛の声【写真:ロイター】

102年間で史上初の躍動

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は、22日(日本時間23日)まで行われたロイヤルズ戦で連日の大暴れ。21日(同22日)に打者として3ラン2本を含むキャリアハイの8打点を記録し、翌日の登板で8回2安打無失点。メジャーでは自己最多となる13奪三振をマークし、6勝目を挙げた。MLB史に残る2日間を目の当たりにした米国の関係者たちからも、驚きの声が続出している。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 大谷が投打に実力を示した2日間だった。まずは「3番・DH」で出場した22日、3点を追う9回1死一、二塁の場面で右翼席へ起死回生の15号同点3ランを放つなど2本塁打。キャリアハイとなる8打点を挙げた。この試合は延長11回の末敗れたが、フル出場した大谷は翌日「2番・投手兼DH」で先発登板。トラウトらがスタメンから外れる中、108球の力投で13三振を奪い、見事今季6勝目を挙げた。

 MLB公式サイトによると、打点が公式記録となった1920年以降、8打点をマークした翌日に2ケタ奪三振を記録したのはメジャー初。102年間で例のない躍動に、MLB関係者からも驚きの声が続出していた。

 2日間、米ロサンゼルス地元中継局「バリー・スポーツ・ウェスト」の実況として大谷の活躍を目の当たりにしたパトリック・オニール氏は「MLB史上最高の2試合のパフォーマンスを目撃した。ショウヘイ・オオタニは2本の3ランで8打点を稼いだ翌日に8回13奪三振の投球。2002年のエンゼルス優勝メンバーが見る中で。魔法の夜だった」とツイッターに記した。

 2010年にアスレチックスの投手として完全試合を達成しているダラス・ブレイデン氏は「MVP候補者が2本の3ランを放った翌日12奪三振(実際は13奪三振)を記録したら、MVPが誰になるかという会話はできないよ」とツイッターに衝撃をつづり、「そうだ。ジャッジがやっていることは、昨年ゲレーロがやっていたことくらい可愛く見える。覚えているよね?」と、現在本塁打数で両リーグトップを独走するアーロン・ジャッジ(ヤンキース)すらMVPレースでは及ばないと指摘していた。

 ドジャースなどで16年間プレーし、現在は米ロサンゼルス地元局「スポーツネットLA」で解説員を務めるジェリー・ヘアストンJr.氏も「地球上で最高のアスリート」とツイッターで高評価し、大谷にやられたロイヤルズのマイク・マシーニー監督すら「今日、我々が目撃したほど多くの武器を持つ選手を見ることは、まずないと思うよ」とピッチングを称賛。歴史的な2日間は、間違いなく米国に大きなインパクトを与えていた。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集