[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

尻上がりの錦織、次戦ティエムが最大の警戒「不運なことに絶好調になってしまった」

「不運なことに、自分の試合に向けて絶好調になってしまった」

 ティエムは全仏のサーフェスでもある赤土で強さを発揮する。5月のマドリード・オープン準々決勝ではクレーで無敵を誇るナダル相手にストレート勝ち。前哨戦のリヨン・オープンでも優勝を飾っている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 絶好調の24歳だが、4回戦で対戦する錦織には最大の警戒を払っている。記事では「シモンとの試合は少しだけ見た。彼(錦織)は最高のコンディションだった。不運なことに、彼は現時点で、自分の試合に向けて絶好調になってしまった。彼はいいよ。本当に素晴らしい」とティエムは語っている。完全復活の狼煙を上げる元世界ランク4位の復調ぶりを称賛していた。

 過去2度の対戦は錦織が2勝。「赤土の帝王」ナダルを本拠地スペインで破った難敵ティエム相手に、錦織はどんな戦いを見せてくれるだろうか。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集