[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 2度見必至!? “お手玉捕球”に米ファン仰天「なんてキャッチ」「アメージング」

2度見必至!? “お手玉捕球”に米ファン仰天「なんてキャッチ」「アメージング」

米大リーグで2度見必至の珍プレーが話題を集めている。5月31日(日本時間6月1日)のレイズ-アスレチックス戦だ。土壇場の9回にフライをグラブで一度弾いてしまったが、落下間際に素手でキャッチする“お手玉捕球”を披露し大ピンチを脱出。この珍捕球シーンをMLBが公式インスタグラムで公開すると、「アメージング」「なんてキャッチだ」などファンの度肝を抜いている。

チャド・ピンダー【写真:Getty Images】
チャド・ピンダー【写真:Getty Images】

アスレチックスのピンダーが大ピンチに、奇跡の“お手玉キャッチ”を披露

 米大リーグで2度見必至の珍プレーが話題を集めている。5月31日(日本時間6月1日)のレイズ-アスレチックス戦だ。土壇場の9回にフライをグラブで一度弾いてしまったが、落下間際に素手でキャッチする“お手玉捕球”を披露し大ピンチを脱出。この珍捕球シーンをMLBが公式インスタグラムで公開すると、「アメージング」「なんてキャッチだ」などファンの度肝を抜いている。

【特集】第二の内村航平、白井健三を「逆立ち女子」が“街の子ども”に体操を教える理由 / 体操 岡部紗季子さんインタビュー(GROWINGへ)

 これは珍プレーなのか、好プレーなのか――。アスレチックスのチャド・ピンダー内野手が“お手玉キャッチ”で、球場を沸かせた。本拠地レイズ戦の9回だ。猛反撃を食らったアスレチックスは、7点あったリードが4点にまで縮まっていた。なお2死二、三塁のピンチの場面で、打席には9番打者のフィールドが入った。

 代わったばかりの守護神・トライネンの初球をはじき返したフィールドの打球は、遊撃後方にふらふらと上がった。背走しながら追いかけるピンダー。中堅のキャンハも前に出てくるが、落下点に入ったピンダーが捕球体勢に入った次の瞬間だった。

 ボールがグラブに収まらずに弾かれた。これは痛恨の失策か……と思われた刹那、前方に弾んだボールに右手を伸ばして“ダイビングキャッチ”。辛くも落下を防ぎ、3アウト目をまさにもぎ取ったのだ。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー