[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、ノーノー阻止されたド軍投手は「少し笑ってしまった」 理由は右翼手の試み

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は15日(日本時間16日)、敵地ドジャース戦に「3番・DH」で先発出場。相手先発タイラー・アンダーソン投手に9回1死までノーヒットノーランを継続されていたが、第4打席で右翼線三塁打を放ち、大記録を阻止した。アンダーソンは試合後「打たれた瞬間ヒットだと分かった」と語り、ダイビング捕球を試みた同僚に「少し笑ってしまったんだ」と明かしている。

第4打席で右翼線三塁打を放つエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
第4打席で右翼線三塁打を放つエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

ドジャース戦で大谷がノーヒットノーランを阻止

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は15日(日本時間16日)、敵地ドジャース戦に「3番・DH」で先発出場。相手先発タイラー・アンダーソン投手に9回1死までノーヒットノーランを継続されていたが、第4打席で右翼線三塁打を放ち、大記録を阻止した。アンダーソンは試合後「打たれた瞬間ヒットだと分かった」と語り、ダイビング捕球を試みた同僚に「少し笑ってしまったんだ」と明かしている。

【特集】偉業を後押しした心の支え 金メダリストが感謝する応援のチカラ / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 大谷が屈辱の大記録を阻止した。エンゼルスはアンダーソンに8回まで四死球2つとエラー1つで無安打に抑え込まれ、最終回も先頭のトラウトが三振。あと2人となったところで打席に立った大谷は、高めに入ったボールを右翼線にはじき返した。右翼手ムーキー・ベッツが打球に飛び込むも及ばず。三塁打となり、敵地はため息とともにアンダーソンへ拍手を送った。

 123球目で大記録を逃したアンダーソンは、試合後の会見で「打たれた瞬間ヒットだと分かった」と明かし、「でもムーキーの努力は嬉しかった。あれ以上のことは求められない。彼は素晴らしい守備者で素晴らしいチームメイト」と打球に飛び込んだベッツに感謝した。

 ただ、ベッツのグラブは大谷の打球には全く届かなかったためか「彼がダイブした瞬間には少し笑ってしまったんだ。とても礼儀正しい行動だよね。でも(ボールは)かなり離れていたからさ」と回顧。会見場を笑いで包んでいた。アンダーソンは大谷に安打された後に降板。試合はエンゼルスが1点を返したが、1-4で敗れている。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集