[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

前週ホールインワン達成 姉妹で注目浴びたセキ・ユウティンが感謝「幸せは突然来た」

ツアーの宮里藍サントリーレディスで7位に入ったセキ・ユウティン(ミツウロコグループホールディンクス)が、ファンに感謝を伝えた。第2日には11番パー3でホールインワンを達成。今大会でキャディーを務めた妹・ユウリさんと戦い抜き、ファンからは「姉妹で楽しそうにラウンドされていた姿が微笑しかったです」と労いのコメントが寄せられている。

宮里藍サントリーレディスで7位に入ったセキ・ユウティン【写真:Getty Images】
宮里藍サントリーレディスで7位に入ったセキ・ユウティン【写真:Getty Images】

宮里藍サントリーレディスでホールインワン達成

 12日まで行われた国内女子ゴルフツアーの宮里藍サントリーレディスで7位に入ったセキ・ユウティン(ミツウロコグループホールディンクス)が、ファンに感謝を伝えた。第2日には11番パー3でホールインワンを達成。今大会でキャディーを務めた妹・ユウリさんと戦い抜き、ファンからは「姉妹で楽しそうにラウンドされていた姿が微笑しかったです」と労いのコメントが寄せられている。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 セキは20位から出た第2日に魅せた。159ヤードの11番パー3、8番アイアンで放った第1打は、ピン手前5ヤードに着弾し、そのままカップに吸い込まれた。その後3バーディー、ボギーなしとスコアを伸ばして2位浮上。クラブがトップに位置したタイミングで、左足をわずかに上げる「一本足打法」への改造も功を奏したか、最終日まで優勝争いに絡み、今季初めてトップ10圏内でフィニッシュした。

 セキは自身のインスタグラムを更新。文面に「今週沢山の応援ありがとうございました! 皆様の歓声の中で気持ち良く打つ事が出来てとても興奮しました!」と日本語で記した。「今週ではなんと単独7位! 幸せは突然やってきた! 大満足です!」と感激しつつ「本当に優勝したかったのですが、やっぱり実力不足です。またしっかりまとめて、一日も早くトロフィーを手に入るように頑張りたいと思います」と気を引き締めた。

 今週は妹のセキ・ユウリさんがキャディーを務めた。「妹のユウリからもありがとうとのことです」と締めくくり、スイング写真や笑顔の2ショットも公開。ファンからは「姉妹仲良く」「姉妹で楽しそうにラウンドされていた姿が微笑しかったです」「姉妹のファイト見て、元気もらいました」「またユウリさんとのタッグ姿を見せてください」「クラブハウスでの姉妹のハグ印象的でした」とコメントが寄せられていた。

 身長171センチのセキは、両親が中国人で日本生まれの24歳。4歳で中国に移住し、7歳でゴルフを始めた。国内女子ツアーは2017年から参戦。今季は、ツアー最終予選会(QT)42位の資格を得て、今大会が8試合目だった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集