[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

100m障害で涙の日本一 高校3連覇した福部真子が26歳で大輪の花「やっとここに来られた」

7月のオレゴン世界陸上の代表選考会を兼ねた陸上・トラック&フィールド種目の日本選手権第3日が11日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた。女子100メートル障害では、福部真子(日本建設工業)が13秒10(追い風0.8メートル)で涙の初優勝を飾った。

日本選手権、女子100メートル障害で優勝した福部真子【写真:奥井隆史】
日本選手権、女子100メートル障害で優勝した福部真子【写真:奥井隆史】

陸上・日本選手権

 7月のオレゴン世界陸上の代表選考会を兼ねた陸上・トラック&フィールド種目の日本選手権第3日が11日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた。女子100メートル障害では、福部真子(日本建設工業)が13秒10(追い風0.8メートル)で涙の初優勝を飾った。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

「ちっちゃいことは気にしない」。そう決めて、思い切り飛び出したスタートで勝ち切った福部。レース後は「去年の日本選手権が終わってから、ずっと頂点に立ちたいと思いながらトレーニングを積んできたので、ここにかける想いは強かった。しっかりと勝ち取ることができて良かった」と涙ながらに語った。

 広島皆実高時代はインターハイ3連覇を達成したが、日体大進学以降は伸び悩びも経験した26歳。「中学時代から第一線で戦っていると言われたけど、第一線と言っても、それは世代の第一線。そこからなかなか抜け出せない自分がもどかしい期間が長かった。やっと、ここに来られてうれしい」と笑みをこぼした。

 自己ベストは13秒05。今後については「世界を見据えた上で12秒台が必須になってくる。しっかりと12秒台を出せる練習をしていきたい」と前を向いた。26歳にして、ついに大輪の花を咲かせた福部。しかし、ここはまだ通過点。もっと強く、もっと速くなる。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集