[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

西村優菜、全米予選落ち→全英出場に意欲 カギは7番アイアン「もっと精度上げないと」

国内女子ゴルフツアーの宮里藍サントリーレディスが9日、兵庫・六甲国際GC(6527ヤード、パー72)で開催される。8日はプロアマ大会後、西村優菜(スターツ)が囲み取材に応じた。前週に出場した全米女子オープンは予選落ち。「気持ちの整理をつけるのが難しかった」と明かし、オフから練習してきた7番アイアンでのアプローチを磨き、8月の全英女子オープンに挑戦する意欲を示した。

全米女子オープンに参戦した西村優菜【写真:ロイター】
全米女子オープンに参戦した西村優菜【写真:ロイター】

9日から宮里藍サントリーレディス

 国内女子ゴルフツアーの宮里藍サントリーレディスが9日、兵庫・六甲国際GC(6527ヤード、パー72)で開催される。8日はプロアマ大会後、西村優菜(スターツ)が囲み取材に応じた。前週に出場した全米女子オープンは予選落ち。「気持ちの整理をつけるのが難しかった」と明かし、オフから練習してきた7番アイアンでのアプローチを磨き、8月の全英女子オープンに挑戦する意欲を示した。

【特集】偉業を後押しした心の支え 金メダリストが感謝する応援のチカラ / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 全米女子オープンで予選落ちした西村は、決勝ラウンド開催中の2日間は会場コースで練習を重ねていたという。帰国は前日7日。一夜明けでプロアマ戦に出場し、「時差ボケを感じないぐらいでした。ただ、疲れました……」と少し眠そうな表情で話した。

 米国での2日間はコースの難しさに対応できず、「まずまずの調子で行ったので、悔しさはあります。気持ちの整理も難しかったです」と振り返った。学んだことを問われると、「(海外の選手は)神経質になりすぎず、楽しむことを忘れていないと感じました」と即答した。

 さらに「グリーン周りが硬くて、あまりウエッジが使えない中で、アプローチにもいろんなバリエーションが必要だと確認しました。私もオフに7番アイアンでのアプローチの練習をしていたのですが、もっと精度を上げていかないと……」と更なるレベルアップの必要性を口にした。

 7番アイアンでの転がすアプローチは、今季国内ツアーでも使っている。西村は6日付の世界ランキングで48位。27日時点で50位以内に入れば、全英女子オープンの出場権を獲得できる可能性があり、「出られたら出たいです」と話している。リンクスで行われる同大会でも、7番アイアンは武器になり得る。全米の借りを全英で返すべく、西村はスキルを磨き続ける。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集