[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

稲見萌寧、全英女子OPは出場回避か「行きたい気持ちあるが、上位に行ける自信少ない」

国内女子ゴルフツアーの宮里藍サントリーレディスが9日、兵庫・六甲国際GC(6527ヤード、パー72)で開催される。8日はプロアマ大会後、前週のリシャール・ミル ヨネックスレディスで今季初優勝を飾った稲見萌寧(Rakuten)が会見。全米女子オープンに続き、出場権を持っている全英女子オープン出場も見送る意向を示した。

稲見萌寧【写真:Getty Images】
稲見萌寧【写真:Getty Images】

9日から宮里藍サントリーレディス

 国内女子ゴルフツアーの宮里藍サントリーレディスが9日、兵庫・六甲国際GC(6527ヤード、パー72)で開催される。8日はプロアマ大会後、前週のリシャール・ミル ヨネックスレディスで今季初優勝を飾った稲見萌寧(Rakuten)が会見。全米女子オープンに続き、出場権を持っている全英女子オープン出場も見送る意向を示した。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 稲見の表情は明るかった。プロアマ戦を終えると、「いつものことですが、(試合前は)仕上がっていないですね」と言ったが、前週にツアー11勝目を飾った思いを問われると、笑顔で返した。

「(10勝した後は)サインの横に漢字で『十』と入れていたのですが、それを今は(洋数字の)11にしています。『十』のサインを持っている人が多くなったと思いますが、年に1回は勝ちたかったので、シーズン前半のうちに勝てて良かったです」

 リシャール・ミル ヨネックスレディスが開催された前週、米国では全米女子オープンが開催されていた。稲見も出場資格はあったが、エントリーはせず。この日、8月の全英女子オープンについても、出場を回避することを示唆した。

「全英は特別な試合なので、行きたい気持ちはあるのですが(今の状態で)海外に行って上位に行ける自信は少ない。日本でしっかりやって、成績を出すことに集中したいと思っています」

 昨年の宮里藍サントリーレディスでは、青木瀬令奈に4打差を逆転されて2位になった。自身にとって、最終日を首位で迎えながら初めて優勝できなかった試合で、「ちょっと引きずって苦しんだ」という。だが、前週の逃げ切り優勝で現在はメンタル的にもいい状態。会場では、大会アンバサダーの宮里藍から「優勝、おめでとう」と声を掛けられ、「気持ちがほっこりしました」と喜びを表現した。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集