[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

青木瀬令奈は「懺悔ノート」開始からちょうど1年 「怒りを感じながら」狙うは連覇

国内女子ゴルフツアーの宮里藍サントリーレディスが9日、兵庫・六甲国際GC(6527ヤード、パー72)で開催される。8日はプロアマ大会後、昨年大会優勝者で29歳の青木瀬令奈(フリー)が会見。1年前から「懺悔ノート」をつけ続けていることを明かした。今大会の目標は、2連覇で全英女子オープンの出場権を獲得すること。日々、懺悔しながら頂点を目指す。

青木瀬令奈【写真:Getty Images】
青木瀬令奈【写真:Getty Images】

9日から宮里藍サントリーレディス

 国内女子ゴルフツアーの宮里藍サントリーレディスが9日、兵庫・六甲国際GC(6527ヤード、パー72)で開催される。8日はプロアマ大会後、昨年大会優勝者で29歳の青木瀬令奈(フリー)が会見。1年前から「懺悔ノート」をつけ続けていることを明かした。今大会の目標は、2連覇で全英女子オープンの出場権を獲得すること。日々、懺悔しながら頂点を目指す。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 ディフェンディングチャンピオンの青木が、会見で切り出した。

「ちょうど去年のこの大会から毎日、懺悔ノートをつけています。コーチから『どれくらいゴルフの練習をしたかではなく、どれだけゴルフに向き合えたかが大事』と言われ、始めました。日記に近いものですが、例えば『10バーディーを目指していたけど、(足りなかった)3つはどうすれば取れたか』を分析するために、18ホールを振り返ってみたりしています」

 今季はラウンド中も「かなり怒っています」と明かし、怒りをエネルギーにしていることを明かした。最終日に追い上げるケースが多く“まくりの青木”と言われているそうで、「すごい光栄です」と喜びつつその要因も振り返った。

「最終日に関しては『なんでこんな位置にいるんだ』という怒りから爆発的なスコアが出ているというのがありますね。悪いショットが出た時も怒りを感じながら、『どうしてそうなったか』を考えて、次の一打につなげています」

 昨年大会は、稲見萌寧との4打差を最終日に逆転してツアー2勝目を飾った。その権利で出場した全英女子オープンでは、「多くを学ぶことができた」という。今大会も2位(タイが生じた場合は、世界ランキング上位者優先)までに、全英女子オープンの出場権が与えられる。

 青木の目標はあくまで2連覇だ。「前回、ディフェンディングで出場した(18年)ヨネックスレディスでは初日の18ホール、緊張しっぱなしだったので、今回はその反省を生かしていきたいです」。理想は“まくり”を発揮せずとも初日からスコアを伸ばすこと。懺悔と怒りをエネルギーにしていく。

(THE ANSWER編集部・柳田 通斉 / Michinari Yanagida)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集