[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

12連敗エンゼルス、34年ぶり屈辱に米記者の嘆き続出「崩壊した守備、打者陣が沈黙…」

大谷翔平投手が所属する米大リーグ・エンゼルスは6日(日本時間7日)、本拠地レッドソックス戦に0-1で完封負け。34年ぶりの12連敗を喫した。最大11あった貯金も、現在は借金2となってしまう屈辱。米記者からも「何かを変える必要がある」「本当に残酷」と嘆きの声が続出している。

12連敗となったエンゼルス。大谷の本塁打は先月29日以来出ていない【写真:ロイター】
12連敗となったエンゼルス。大谷の本塁打は先月29日以来出ていない【写真:ロイター】

レッドソックス戦に0-1で敗戦、大谷は4の1

 大谷翔平投手が所属する米大リーグ・エンゼルスは6日(日本時間7日)、本拠地レッドソックス戦に0-1で完封負け。34年ぶりの12連敗を喫した。最大11あった貯金も、現在は借金2となってしまう屈辱。米記者からも「何かを変える必要がある」「本当に残酷」と嘆きの声が続出している。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 1988年以来、球団ワーストタイの12連敗となってしまった。エンゼルスは先発シンダーガードが6回5安打1失点と先発の役割を果たすも、打線が相手先発ワカに3安打に封じられて無得点。105球で完封されてしまった。「2番・DH」で出場した大谷は第1打席に右前打を放つも、二塁進塁後に4番ウォルシュの一直で戻り切れず走塁死。9回2死の第4打席では二ゴロに倒れ、この試合最後の打者に。4打数1安打。本塁打は先月29日(日本時間30日)以来出ていない。

 泥沼から抜け出せないエンゼルスに、米記者たちもツイッター上で嘆きの声をあげた。米スポーツ専門サイト「ジ・アスレチック」などに寄稿していたブレント・マグワイア記者は「これは本当に残酷だ」と投稿。米スポーツメディア「ジ・アスレチック」のエンゼルス番サム・ブラム記者は「明日エンゼルスが戦う時、それは最後の勝利から2週間後となる」と長期間勝利がないことを表現した。

 米ロサンゼルスのラジオ局「KLAA」の番組「エンゼルス・リキャップ・ポッドキャスト」でホストを務めるトレント・ラッシュ氏は「12」とだけ無念の投稿。米紙「ロサンゼルスタイムズ」のマイク・ディジョヴァンナ記者は「序盤の大量失点、崩壊した守備、投手が良い投球をしたら打者陣が沈黙、得点を重ねれば投手陣が怪しくなる、後半リードするとブルペンが吐き出す……。何かを変える必要がある」と記した。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集