[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平の126m大飛球、本拠地なら…HR証明した米メディアに落胆の声「あ~ぐやじぃ」

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は5月31日(日本時間6月1日)、敵地ヤンキース戦に「2番・指名打者」で4打数1安打1三振、チームは1-9で敗れた。第1打席には本塁打級の当たりが相手のスーパープレーで中飛に。米メディアが本拠地であればHRだったことを証明する動画を公開すると、日米ファンを「12号のはずだったのに」「ツライ」とガッカリさせていた。

ヤンキース戦に「2番・指名打者」で先発したエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
ヤンキース戦に「2番・指名打者」で先発したエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

ヤンキース戦第1打席に大飛球、本拠地ならどうなっていた?

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は5月31日(日本時間6月1日)、敵地ヤンキース戦に「2番・指名打者」で4打数1安打1三振、チームは1-9で敗れた。第1打席には本塁打級の当たりが相手のスーパープレーで中飛に。米メディアが本拠地であればHRだったことを証明する動画を公開すると、日米ファンを「12号のはずだったのに」「ツライ」とガッカリさせていた。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 球場が違えば本塁打だった。0-0の初回1死走者なし。大谷は真ん中高めの150キロ直球を弾き返した。中堅への大飛球に、ゆっくりとい下がったアーロン・ジャッジはフェンス際でジャンプ。グラブはわずかにフェンスの高さを上回ったようで、大谷の12号を阻止した。

 しかし、エンゼルスタジアムであれば本塁打だった。飛距離は413フィート(約125.88メートル)。米カリフォルニア州地元局「バリー・スポーツ・ウェスト」は公式ツイッターで“証明動画”を公開した。悔しそうな顔文字付きで投稿されたのは、本拠地とヤンキースタジアムを重ねたCG動画。打球は水色の線で示された本拠地のフェンスを優に越していた。

 球場の構造と身長2メートルのジャッジの好守に阻まれた“幻の12号”。タラレバにしかすぎないが、米ファンから「ツライ」「マジか」「スーパースターからスーパースターが強奪」とコメントが寄せられたほか、日本人ファンからも「くぅぅ おしい」「あ~~ぐやじぃ」「12号のはずだったのに」と落胆の声が上がっていた。

 大谷は第3打席に二塁打を放ち、2試合連続安打。昨季6月に3戦3発を放った球場で、明日こそ12号はなるだろうか。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集