[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

F1マシン2台がまるで“通行止め”を作る珍事 モナコGP予選に注目「フラッグが遅いよ」

自動車レースF1の第7戦モナコグランプリ(GP)は29日に決勝が行われ、セルジオ・ペレス(レッドブル)が今季初優勝を果たした。予選ではペレスがクラッシュし、後からやってきたカルロス・サインツJr.(フェラーリ)が激突するアクシデントも。2台で走路を“通行止め”するような形となり、「可哀想」「フラッグ遅いよ」などと海外ファンからコメントが集まった。

表彰台に上がった(左から)カルロス・サインツJr.、セルジオ・ペレス、クリスチャン・ホーナー、マックス・フェルスタッペン【写真:AP】
表彰台に上がった(左から)カルロス・サインツJr.、セルジオ・ペレス、クリスチャン・ホーナー、マックス・フェルスタッペン【写真:AP】

優勝したペレスが予選でアクシデント

 自動車レースF1の第7戦モナコグランプリ(GP)は29日に決勝が行われ、セルジオ・ペレス(レッドブル)が今季初優勝を果たした。予選ではペレスがクラッシュし、後からやってきたカルロス・サインツJr.(フェラーリ)が激突するアクシデントも。2台で走路を“通行止め”するような形となり、「可哀想」「フラッグ遅いよ」などと海外ファンからコメントが集まった。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 28日の予選。ペレスのマシンはポルティエでクラッシュ。コーナーを曲がり切れず、車体後方をバリアにぶつけてストップした。そこにほんの数秒遅れてやってきたのがサインツJr.。なんとか接触を避けようと速度を落としたが、後輪がペレスのマシンにぶつかってしまった。続いてやってきたフェルスタッペンは接触しなかったが、マシン2台に“通せんぼ”されているような光景となった。

 F1公式インスタグラムは「カルロス・サインツはバリアに接触したセルジオ・ペレスを避けようとした」と実際の映像を公開。海外ファンからは「サインツのせいじゃない」「他にできることはなかった」「フラッグ遅いよ」「これより上手く対応できることはない」「反応できる時間ないよ」「かわいそう」「フラッグをもう少し早く出すべきだった」などと反響が集まっていた。

 予選でこのアクシデントはあったものの、決勝ではペレスが優勝、サインツは2位、フェルスタッペンは3位。3人がトップ3を占める結果となった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集