[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

打者・大谷翔平は今季不振なのか? 気になる長打率、昨季.889だった6月大爆発に期待

6月に強い大谷、昨年25安打のうち単打はわずか5本

 今季11本塁打は29日(日本時間30日)時点でリーグ5位タイ(1位は18本のアーロン・ジャッジ)。昨季MLBで40発以上打った5人の打者のうち、大谷が唯一2ケタに達している。そこまで悲観的になることもなく、さらに上昇気流に乗っていきたいところ。今後に期待を抱かせるデータとして、大谷は6月に良く打っているという過去のデータがある。

【特集】夫婦で掴んだ2度のパラリンピック出場 楽しむ柔道から学んだこと / 視覚障がい者柔道・廣瀬順子選手インタビュー(GROWINGへ)

 昨年は6月25試合で打率.309、13本塁打、23打点で、OPS1.312という驚異的な数字を叩き出した。安打25本のうち、単打は僅か5本で残りはすべて長打(二塁打6、三塁打1)。月間の長打率はなんと.889で、自身初の月間MVPに輝いた。2020年は開幕が7月にずれ込んだが、2019年6月にも27試合で打率.340、9本塁打をマークしている。

 エンゼルスは5月31日(同6月1日)の敵地ヤンキース戦から13連戦。6月は休養日が3日しかなく、18日(同19日)にはマリナーズとのダブルヘッダーも予定されている。ハードな日程が続くが、期待したい。

(THE ANSWER編集部)



1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集