[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

打者・大谷翔平は今季不振なのか? 気になる長打率、昨季.889だった6月大爆発に期待

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は29日(日本時間30日)の本拠地ブルージェイズ戦で10号ソロ、11号2ランと2打席連続本塁打を放ち、メジャーでは自身4度目となる年間2ケタ本塁打を達成した。米国時間では5月は残り1試合。今季ここまでの成績を昨季の同時期と比較するとともに、6月の打棒爆発に期待できる数字を紹介する。

エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

5月も残り1試合、大谷の今季成績を昨季と比較

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は29日(日本時間30日)の本拠地ブルージェイズ戦で10号ソロ、11号2ランと2打席連続本塁打を放ち、メジャーでは自身4度目となる年間2ケタ本塁打を達成した。米国時間では5月は残り1試合。今季ここまでの成績を昨季の同時期と比較するとともに、6月の打棒爆発に期待できる数字を紹介する。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 試合前まで5試合、17打席連続無安打が続いていた大谷。ブルージェイズ戦でここ最近のうっぷんを晴らすかのような豪打を放った。まずは初回の第1打席、低めの変化球をとらえた打球は右翼席へ。飛距離413フィート(約125.9メートル)の先制ソロで2年連続2ケタ本塁打を達成すると、続く3回無死一塁の第2打席では速球を捉えて豪快な中越え2ラン。今季3度目の1試合2発で、米国の実況席からも「スゴイ!」の日本語が飛び出した。

 ここから量産体制に入りたい二刀流。歴史的シーズンを送った2021年と比較し、打者としては今季は不調であると指摘する声もあるが、今季を昨年5月終了時点のスタッツを比較すると下記のようになる(左が2022年:48試合、右が2021年:50試合)。

【打率】.249(185-46)―――.263(186-49)

【本塁打】11本―――15本

【打点】32点―――40点

【二塁打】8本―――11本

【三塁打】0本―――3本

【三振】50個―――60個

【四死球】21個―――19個

【OPS】.796―――.927

 確かに昨季の方が優れている数値は多く、最も差が目立つのは長打率と出塁率の合算値である「OPS」だ。出塁率は昨季5月終了時が.330に対し、今季.325と大差ない。一方で長打率は昨季.597だったのに対し、今季はここまで.470となっている。ただ、長打が減っているとはいえ、まだまだここからの爆発で昨季並みの数字に持ち直せる時期だ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集