[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、衝撃の2打席連発に敵地メディアは脱帽「オオタニに対する答えなかった」

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は29日(日本時間30日)、本拠地ブルージェイズ戦に「2番・DH」で先発出場。2打席連続本塁打を放った。炸裂した打棒に対し、敵地メディアも脱帽。カナダのスポーツメディア「スポーツネット」は「(先発の)ベリオスはオオタニに対する答えがなかった」と振り返っている。

ブルージェイズ戦で2打席連続の本塁打を放ったエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
ブルージェイズ戦で2打席連続の本塁打を放ったエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

ブルージェイズ先発ベリオスは5年ぶり3回持たずKO

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は29日(日本時間30日)、本拠地ブルージェイズ戦に「2番・DH」で先発出場。2打席連続本塁打を放った。炸裂した打棒に対し、敵地メディアも脱帽。カナダのスポーツメディア「スポーツネット」は「(先発の)ベリオスはオオタニに対する答えがなかった」と振り返っている。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 初回から“ショータイム”が開演した。第1打席、大谷はカウント2-2からの7球目、相手先発のホセ・ベリオスの甘く入ったカーブを見逃さなかった。右翼席へ突き刺す10号本塁打。エンゼルスに先制点をもたらした。続く3回無死一塁では高め速球をバックスクリーンに叩きこみ、圧巻の1試合2発で球場を沸かせた。

 大谷に2打席連発を食らったベリオスは3回途中で降板。「スポーツネット」は「ベリオスが3回を持たなかったのは2度目。2017年以来の出来事だった。6安打を許したが、特にオオタニに対する答えがなかった」と背番号17に脱帽していた。

 カナダ紙「トロント・スター」も「ショウヘイ・オオタニに2本塁打を食らったが、エンゼルスに逆転勝利」と大谷の打棒に触れながら、11-10という接戦の勝利を報道。さらに「(4連戦の)初戦でブラディミール・ゲレーロJr.が本塁打を放ったが、ア・リーグMVPも負けじと打った」と昨季タイトルを争ったゲレーロJr.の名前を出しながら大谷の活躍を紹介した。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集