[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

黄金世代・吉川桃が3アンダー好発進 首痛抱えるも「枕なし」で良化「スマホ時間も…」

国内女子ゴルフツアーのリゾート トラストレディスが26日、山梨・メイプルポイントGC(6580ヤード、パー72)で開幕した。1998年度生まれで「黄金世代」の吉川桃(国際スポーツ振興協会)が、3バーディー、ボギーなしの69で好発進した。昨年12月のツアー最終予選会(QT)で31位に入り、今季前半戦の出場権を獲得も、出場11戦で7度の予選落ち。首痛に悩まされてきたことも要因だが、枕なしで寝ることなどで状態が良くなったと語った。

吉川桃【写真:Getty Images】
吉川桃【写真:Getty Images】

リゾートトラストレディス初日

 国内女子ゴルフツアーのリゾート トラストレディスが26日、山梨・メイプルポイントGC(6580ヤード、パー72)で開幕した。1998年度生まれで「黄金世代」の吉川桃(国際スポーツ振興協会)が、3バーディー、ボギーなしの69で好発進した。昨年12月のツアー最終予選会(QT)で31位に入り、今季前半戦の出場権を獲得も、出場11戦で7度の予選落ち。首痛に悩まされてきたことも要因だが、枕なしで寝ることなどで状態が良くなったと語った。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 会心のラウンド後、取材に応じた吉川は「ずっと首の痛みに悩まされてきました」と明かした。

「ヘルニアの1歩手前です。去年からですが、2週間前に痛くなって試合を休んで、ショットも見直しました。切り返しの前に右肩が上がりすぎて、首に負担をかけるスイングになっていたので、そこも修正しました」

 現在、「痛みはなくなった」と言うが、医師からは「本当は2か月かけた治療が必要」と伝えられている。だが、ツアーを転戦し、リランキングで後半戦の出場権を獲得するには、「休んではいられない」のが本音だ。

 吉川は「痛みが出ないように毎日ケアしていますし、姿勢をよくして肩を動かしています。毎日、寝て起きて『今日はどうかな』という感じですが、私は枕なしで寝た方がいいということが分かってきました。タオルは敷いていますけど」と日々の対処法を語った。

 ゴルフのプレー中は、前傾して下を向く時間が長い。それだけで首に負担はかかり、首痛はプロゴルファーの「職業病」とも言える。ただ、少しでも状態を良くするために、吉川は「スマホを見る時間も減らしました」と言った。自己との闘いも続けていく。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集