[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

2戦連続予選落ちから蘇った西郷真央 今季5勝目に王手「ジャンボさんの教え生かして」

国内女子ゴルフツアーのブリヂストンレディス第3日が21日、千葉・袖ヶ浦CC袖ヶ浦C(6713ヤード、パー72)で行われた。今季4勝の20歳・西郷真央(島津製作所)が、4バーディー、1ボギーの69で通算10アンダー。首位をキープし、今季5勝目に王手をかけた。最終日は2位で同期の山下美夢有(加賀電子)と14歳上の有村智恵(フリー)との最終組。いつも通り、隙のないゴルフで3戦ぶりの5勝目を目指す。

ブリヂストンレディス、通算10アンダーで首位をキープした西郷真央【写真:Getty Images】
ブリヂストンレディス、通算10アンダーで首位をキープした西郷真央【写真:Getty Images】

ブリヂストンレディス第3日

 国内女子ゴルフツアーのブリヂストンレディス第3日が21日、千葉・袖ヶ浦CC袖ヶ浦C(6713ヤード、パー72)で行われた。今季4勝の20歳・西郷真央(島津製作所)が、4バーディー、1ボギーの69で通算10アンダー。首位をキープし、今季5勝目に王手をかけた。最終日は2位で同期の山下美夢有(加賀電子)と14歳上の有村智恵(フリー)との最終組。いつも通り、隙のないゴルフで3戦ぶりの5勝目を目指す。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 西郷は今日もパーを拾い続け、チャンスはものにした。18ホール中、10ホールでパーオンできなかったが、ボギーは1つのみ。15番パー4ではチップインバーディーを決め、他の8ホールではパーをセーブした。

「今日は番手間の距離が残って、なかなか気持ち良くショットができませんでした。ただ、18番の第3打では、ピッチングウエッジで抑え目に打って、やっといいショットができました。それがうれしかったです」

 西郷は直近2週連続の予選落ちがなかったかのように、強さを取り戻している。師匠の尾崎将司から15日、16日と2日かけて指導を受け、ショットを修正できたからだ。頼れる師匠は、同じコースで昨年まで開催されていたブリヂストンオープンに2度優勝(88年、97年)。だが、コースの特徴、マネジメント法などは一切聞かされていないという。

 もっとも、尾崎は西郷のことを「ゴルフ脳はトップ」と評価し、西郷自身もコースマネジメントに自信を持っている。同期の山下とは認め合う仲、有村については「アプローチがすごくうまい」とリスペクト。だが、最後は自分が笑うべく、「ジャンボさんからの(スイングの)教えを生かして、頑張りたいです」と言葉に力を込めた。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集