[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

米国で誕生した隠し球の新スタイルに賛否 頭脳的ミット活用に「自分ならブチギレる」

米国で新スタイルの隠し球が誕生し、話題となっている。大リーグのマイナーリーグ2Aの試合で生まれた珍場面。米ファンからは「隠し球進化中」「嫌らしいけど好きだな」「自分ならブチギレるな、ハハハ」と賛否が寄せられている。

大リーグのマイナーリーグ、一塁手(右)の隠し球が話題を呼んでいる(画像はラフライダーズ公式ツイッターより)
大リーグのマイナーリーグ、一塁手(右)の隠し球が話題を呼んでいる(画像はラフライダーズ公式ツイッターより)

マイナーリーグ2Aの試合で「隠し球進化中」

 米国で新スタイルの隠し球が誕生し、話題となっている。大リーグのマイナーリーグ2Aの試合で生まれた珍場面。米ファンからは「隠し球進化中」「嫌らしいけど好きだな」「自分ならブチギレるな、ハハハ」と賛否が寄せられている。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 頭を使う隠し球に、さらに工夫を凝らした。18日(日本時間19日)のマイナーリーグ2A、レンジャーズ傘下ラフライダーズ―アストロズ傘下フックスの試合。ラフライターズは3回1死二塁の守備でライトにヒットを打たれた。ここで、ホームへの送球を一塁手トレイ・ヘアーがカット。二塁走者は三塁でストップしており、一、三塁に……と思われた。しかし、一塁手ヘアーが突然、塁上で塁審にアピールし、アウトが宣告された。

 いったい、どういうことか。その全容はラフライダーズ公式ツイッターが投稿した動画にはっきりと映っていた。三塁側からの固定カメラで撮影された映像。送球をカットしたヘアーは左手のミットの甲にある穴部分にボールをはめた様子。ミットの内側には何もなく、正面からミットは空に見える形に。そのまま一塁へ戻り、打者走者の足が離れたタイミングでタッチ。アウトにしたのだ。

 隠し球といえばミットの内側に隠し、投手に返したフリをすることが多い。グラブの内側を空けた状態で行うのは新たな“発明”かもしれない。投稿には「隠し球進化中」「嫌らしいけど好きだな」「自分ならブチギレるな、ハハハ」「こういうの本当に大好き」「きたねー」「一塁コーチャーが酷すぎる」「野球選手にとって最も恥ずかしいアウトの一つが隠し球」などの反応が寄せられた。

 また、米ニューヨーク州地元紙「ニューヨーク・ポスト」も「フリスコ・ラフライダーズが完璧な隠し球」と特集。「将来を嘱望されている27歳のヘアーは頭脳プレーを見せ、ラフライダーズはナイスジョブを記録した」と好意的に伝えた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集