[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

MLBで驚きの“誤審” 完全な自打球がなぜかヒットに…米疑問「理解できない」「風?」

18日(日本時間19日)に行われた米大リーグの試合で、明らかな自打球が内野安打になってしまう“誤審”が生まれた。米メディアが実際のシーンを紹介すると、「なんでレビュー対象じゃないんだ?」などと米ファンから疑問の声が上った。

タイガースのウィリ・カストロ【写真:Getty Images】
タイガースのウィリ・カストロ【写真:Getty Images】

レイズ―タイガース戦でまさかの出来事

 18日(日本時間19日)に行われた米大リーグの試合で、明らかな自打球が内野安打になってしまう“誤審”が生まれた。米メディアが実際のシーンを紹介すると、「なんでレビュー対象じゃないんだ?」などと米ファンから疑問の声が上った。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 レイズ―タイガース戦の初回1死、タイガースの2番打者ウィリ・カストロが内角高めの球をスイング。自打球のように見えたが、ボールが三塁線に転がるのを見たカストロは迷わずに一塁へダッシュ。内野安打になった。

 現地中継ではこの後、スロー映像が映し出されたが、打球は明らかにカストロの左もも付近に当たってから三塁線に転がっていた。レイズ側が審判に確認したようだが、判定は変わらなかった。米ポッドキャストメディア「ジョムボーイ・メディア」公式ツイッターは、「このボールはウィリ・カストロに当たっていないと判定されたが……」と文面に記して映像を公開した。

 米ファンからは「これがレビュー対象じゃないのが理解できない」「昨日のカーディナルス―メッツ戦でも似た判定があったな」「打者が躊躇なく走ってるのにも驚くな」「球審からは見にくいってMLBは認めてる。ならなんでレビュー対象じゃないんだ?」「どうすればボールの軌道があんな風に変わると思ってるんだ? 風か?」「なんで走ってるんだ?」などとコメントが集まった。試合はレイズが6-1で勝利している。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集