[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ロッテ、6・9中日戦で大竹七未さんが始球式 元女子サッカー代表「ワクワクドキドキ」

プロ野球・ロッテは6月9日の中日戦(ZOZOマリン)にて、球団オフィシャルスポンサーである株式会社YKK APラクシーの冠協賛試合「YKK APラクシーエキサイト!ナイター」を開催。現在、同社のCMに親子で出演している元女子サッカー日本代表・大竹七未さんが始球式を行うと発表した。

ロッテ戦始球式に登場する大竹七未さん【写真:球団提供】
ロッテ戦始球式に登場する大竹七未さん【写真:球団提供】

当日は「YKK APラクシーエキサイト!ナイター」開催

 プロ野球・ロッテは6月9日の中日戦(ZOZOマリン)にて、球団オフィシャルスポンサーである株式会社YKK APラクシーの冠協賛試合「YKK APラクシーエキサイト!ナイター」を開催。現在、同社のCMに親子で出演している元女子サッカー日本代表・大竹七未さんが始球式を行うと発表した。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 始球式は「YKK APラクシーエキサイト!ナイター」のファーストピッチセレモニーとして行われる予定。大竹さんは8歳の頃にサッカーを始め、13歳で妹・夕魅さんと共に1987年読売ベレーザ(現・日テレベレーザ)に入団。フォワードとして活躍した。読売ベレーザの選手として、L・リーグ4度の優勝。全日本選手権(現皇后杯)4度の優勝。L・リーグ新人賞、アジア選手権優秀選手、ベストイレブン2回、L・リーグで100得点第一号などを記録し、1998年にプロ契約を結んだ。

 日本代表としてアトランタ五輪やアメリカW杯など数多くの国際大会に出場。アメリカW杯では、日本人唯一のゴールを決めた。2001年に現役引退。引退後は指導者としても活躍した。2021年3月に「ATSサッカークラブ」代表に就任。現在はテレビなどに解説者として出演。日本サッカー協会公認B級コーチ、女性初となるJFAアンバサダー、JFAこころのプロジェクト「ユメセン」メンバーを務める。

 大竹七未さんは「この度、YKK APラクシーさんから千葉ロッテマリーンズのファーストピッチのお話をいただき、初めてのことなのでワクワクドキドキです。息子の柊杜(しゅうと)と共に参加という事で、二人で球場に行くことも久しぶりなので、とても楽しみにしております」とコメントしている。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集