[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

剛速球169キロと比較で騒然 MLB初登板42歳の“魔球”に米反響「どっちも打てない」

米大リーグ・カージナルスの42歳アルバート・プホルス内野手が、15日(日本時間16日)のジャイアンツ戦で22年目にしてピッチャーとして初登板を果たした。大量リードの9回に登板し、15-6の勝利を締めくくったが、山なりのゆる~いボールには米国の投球分析家も注目。「どっちも打てない」「プホルス、エグい」と米ファンからもコメントが書き込まれている。

22年目にしてピッチャーとして初登板を果たしたカージナルスのアルバート・プホルス【写真:ロイター】
22年目にしてピッチャーとして初登板を果たしたカージナルスのアルバート・プホルス【写真:ロイター】

プホルスが22年目でメジャー初登板

 米大リーグ・カージナルスの42歳アルバート・プホルス内野手が、15日(日本時間16日)のジャイアンツ戦で22年目にしてピッチャーとして初登板を果たした。大量リードの9回に登板し、15-6の勝利を締めくくったが、山なりのゆる~いボールには米国の投球分析家も注目。「どっちも打てない」「プホルス、エグい」と米ファンからもコメントが書き込まれている。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 通算681本塁打を誇る大打者プホルスが、27球を投じた。13点リードの9回からマウンドに上り、2被弾するなど4失点したものの、最後の打者を内野ゴロに打ち取ってゲームセット。50マイル(約80.5キロ)に満たない山なりのボールを投げ続け、チームに貢献した。

 試合中継を担当した米スポーツ専門局「ESPN」の実況席では、「いまの球は落ちましたね。“重力”と呼ばれるものです」となどと“魔球”を命名。現地メディアも登板を続々と報じていたが、「ピッチングニンジャ」の愛称で知られる米国の投球分析家ロブ・フリードマン氏もツイッターで投球に注目していた。

 プホルスが最後に投じた47マイル(約75.6キロ)のボールと、同僚の快速球右腕ジョーダン・ヒックスが投じた105マイル(約168.9キロ)を並べて再生。球速は全く違うが、同じくゴロを打たせた2人には「何回も見返してしまう」「美しい」「面白い」「プホルス、エグい」「どっちも打てない」「プホルスの球が届いたとき、ヒックスは送球を待ってる(笑)」「めまいがするけど楽しい」などと米ファンの反響が集まっている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集