[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平が「判定に納得していない」 米レポーターも見逃し三振のリアクションに反応

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は16日(日本時間17日)、敵地レンジャーズ戦に「3番・DH」でスタメン出場。初回の第1打席で中堅フェンス直撃の適時二塁打を放った。続く第2打席は見逃し三振に倒れたが、際どいコースだったためか珍しいリアクションも。MLBのレポーターは「納得していないようだ」と伝えていた。

打球の行方に注目するエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
打球の行方に注目するエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

敵地レンジャーズ戦に「3番・DH」で出場

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は16日(日本時間17日)、敵地レンジャーズ戦に「3番・DH」でスタメン出場。初回の第1打席で中堅フェンス直撃の適時二塁打を放った。続く第2打席は見逃し三振に倒れたが、際どいコースだったためか珍しいリアクションも。MLBのレポーターは「納得していないようだ」と伝えていた。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 自信を持って一塁に歩きかけた。初回に打球速度116.5マイル(約187.5キロ)の弾丸二塁打を放ち、先制点をもたらした大谷。チームが3-6と逆転を許して迎えた3回の第2打席では、フルカウントからの6球目、外角高めの変化球を見送った。微妙なコースだったが判定はストライク。見逃し三振となった。

 予想外の判定だったのか、大谷は少し驚いた様子。左手を顔の前にあげて軽く振り下ろすリアクションを見せた。MLBでレポーターを務めるアリアナ・ヴェディア氏は、ツイッターに一塁側から撮影した動画を公開。「ショウヘイはその判定に納得していないようだ」と伝えていた。

 それでも4回にチームが追い上げると、ベンチで両手を突き上げて喜ぶ様子も。前日のアスレチックス戦で2戦連発の8号決勝2ランを放っている大谷。日米通算150本塁打に王手をかけている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集