[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平が188キロ弾丸二塁打! あっという間に中堅フェン直、米記者「ロケットだ!」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は16日(日本時間17日)、敵地レンジャーズ戦に「3番・DH」で先発出場。初回の第1打席に、打球速度116.5マイル(約187.5キロ)の弾丸二塁打で先制点をもたらした。中堅フェンスにあっという間に達したボールに、米記者たちからは「ロケットを放った!」と驚きの声が上がった。

二塁ベース上で喜びを表すエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
二塁ベース上で喜びを表すエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

レンジャーズ戦に「3番・DH」で先発

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は16日(日本時間17日)、敵地レンジャーズ戦に「3番・DH」で先発出場。初回の第1打席に、打球速度116.5マイル(約187.5キロ)の弾丸二塁打で先制点をもたらした。中堅フェンスにあっという間に達したボールに、米記者たちからは「ロケットを放った!」と驚きの声が上がった。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 2戦連発中の大谷。初回から凄まじい打球を放った。無死一、三塁の第1打席、相手先発グレイが投じた3ボールからの4球目を逃さない。心地良い打球音を響かせたボールは、あっという間に中堅フェンスに直撃。1者が生還する、先制のタイムリー二塁打になった。大谷は二塁ベース上で両手を挙げた。

 いきなり飛び出した弾丸タイムリーをツイッター上の米記者たちも速報。米スポーツメディア「ジ・アスレチック」のエンゼルス番サム・ブラム記者は「時速116.5マイルの打球がショウヘイ・オオタニのバットから生まれた。中堅フェンスへの二塁打」と伝えた。

 米地元紙「オレンジカウンティ・レジスター」のエンゼルス番のジェフ・フレッチャー記者は「ショウヘイ・オオタニが引っ張ったゴロではなく、ロケットを打ち続けている」と、センターからレフト方向への強い打球が増えていることに注目。米スポーツ専門局「FOXスポーツ」のアナリスト、ベン・バーランダー氏は「ショウヘイ・オオタニが3-0から中堅フェンスへロケットを放った!」と驚いていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集