[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

因縁の“宇都宮超え”でB1初制覇へ 川崎・司令塔、異例呼びかけに込めた成長への自信

川崎ブレイブサンダースは、バスケットボールB1リーグのレギュラーシーズンを東地区2位で終え、チャンピオンシップ(CS)準々決勝では名古屋ダイヤモンドドルフィンズに2連勝。千葉ジェッツが宇都宮ブレックスに屈したため、準決勝をホーム「とどろきアリーナ」で戦うことが決まった。

川崎ブレイブサンダースのPG篠山竜青、CS宇都宮戦の勝利へ向けてファンに後押しを呼びかけた【写真:B.LEAGUE】
川崎ブレイブサンダースのPG篠山竜青、CS宇都宮戦の勝利へ向けてファンに後押しを呼びかけた【写真:B.LEAGUE】

CS準決勝に進出、宇都宮との決戦へ篠山竜青が「チケット購入」を呼びかけ

 川崎ブレイブサンダースは、バスケットボールB1リーグのレギュラーシーズンを東地区2位で終え、チャンピオンシップ(CS)準々決勝では名古屋ダイヤモンドドルフィンズに2連勝。千葉ジェッツが宇都宮ブレックスに屈したため、準決勝をホーム「とどろきアリーナ」で戦うことが決まった。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 15日に行われた準々決勝第2戦は、名古屋が外国籍選手3名を欠くなかだったとはいえ、85-70で勝利している。ポイントガード(PG)の篠山竜青は冷静なゲームコントロールに加え、11得点5アシストを挙げる大活躍。マット・ジャニングとともに2戦目のMVPに選出された。

 試合後のヒーローインタビューに登場した篠山は、「てつさん、今日はいっぱい喋っていいですか?」と切り出した。通常ならばMC高森てつ氏との掛け合いでインタビューは進む。しかし、この日の彼は1人でファンに語りかけた。まず名古屋の健闘を称え、応援への感謝を述べると、こう続けた。

「来週もとどろきで、セミファイナルを戦います。宇都宮さんは先に試合が終わっています。これがどういうことかというと、もうチケットは販売を開始しているんですね(場内笑)。宇都宮のファンの皆さんは本当に熱いです。試合結果が決まった瞬間に、もうチケットを買い出していると思うんですよ。皆さん、今スマホはありますよね? 本当にお願いします(場内拍手)。何回も悔しい思いをしているので、このホームで宇都宮さんとチャンピオンシップが戦えることは楽しみです。皆さん、またブレイブサンダースカラーでとどろきを埋めてください。今日は本当にありがとうございました。来週もお願いします!」

「試合直後のヒーローインタビューで選手がチケットの宣伝をする」という可笑しさはあるのだが、実に真剣で、大切なアピールだった。日本代表のキャプテンも務めた33歳のベテランらしい、目配りと気配りだった。

 宇都宮は川崎より30分ほど早く試合を終えていた。“ブレックスネーション”の熱はBリーグ開幕前からの筋金入りで、多くのファンがアウェーにも駆けつける。まして宇都宮と武蔵小杉は新幹線を使えば1時間半だ。湘南新宿ラインを使えば2時間かかるが、乗り換えなしで料金も安い。つまり宇都宮ファンにとっても、試合のチケットさえ手に入れれば容易に足を運べる距離感だ。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集