[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

米170キロ右腕と対戦、ヤマが外れた打者の“無残な空振り”に米衝撃「ゼロチャンスだ」

4月に米大学野球の試合で105.5マイル(約169.7キロ)を計測した、テネシー大の21歳ベン・ジョイス。衝撃的な剛速球で大きな話題を呼んだが、対戦相手を苦しめている球種はほかにもあるようだ。打者がヤマが外れたかのような空振りを喫する映像には、米ファンから「目を瞑ってスイングしたのかな?」などとコメントが集まっている。

テネシー大のベン・ジョイス【写真:Getty Images】
テネシー大のベン・ジョイス【写真:Getty Images】

テネシー大のベン・ジョイスが奪った空振りが話題に

 4月に米大学野球の試合で105.5マイル(約169.7キロ)を計測した、テネシー大の21歳ベン・ジョイス。衝撃的な剛速球で大きな話題を呼んだが、対戦相手を苦しめている球種はほかにもあるようだ。打者がヤマが外れたかのような空振りを喫する映像には、米ファンから「目を瞑ってスイングしたのかな?」などとコメントが集まっている。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 超スピードボール以外にも、強力な武器があるから打者には厄介だ。14日(日本時間15日)のジョージア大戦の初回1死、ジョイスが2番打者の初球に投じたのは、切れよく外角に逃げるスライダーだった。曲がり幅も大きかったが、打者は速球にヤマを張っていたかのような反応で、タイミング、ポイントともに全く合わない。場内はざわめきに包まれた。

 さらに続く打者に対しても、追い込んでから同じくスライダーで空振り三振を奪った。ジョイスはこの日4回3安打3失点だったものの、6奪三振を記録。「ピッチングニンジャ」の愛称で知られる米投球分析家ロブ・フリードマン氏は「速球が最速105.5マイルならば、スライダーを投げられるとこれも振ってしまう」とツイッターに記し、実際の映像を公開した。

 米大リーグのドラフト候補として注目されるジョイス。再び衝撃を受けた米ファンからは「ゼロチャンス」「初心者がやる野球ゲーム」「目を瞑ってスイングしたのかな?」「23マイル(約37.0キロ)差もあるとかエグい」「めっちゃ笑った」「公平じゃない」などと反響が集まっていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集