[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 大坂なおみ、全仏での躍進にコーチが太鼓判「狙いすぎず、自分を保てば脅威になる」

大坂なおみ、全仏での躍進にコーチが太鼓判「狙いすぎず、自分を保てば脅威になる」

テニスの4大大会の第2戦、全仏オープンが現地時間27日に開幕する。女子では世界ランク21位の大坂なおみ(日清食品)が初の4大大会制覇に挑む。大坂の今季の快進撃を支えるサーシャ・ベイジンコーチは「ナオミはクレーコートでの脅威になる」と自信をのぞかせている。WTA公式サイトが伝えている。

大坂なおみ【写真:Getty Images】
大坂なおみ【写真:Getty Images】

コーチを務めるベイジン氏が、大坂躍進のカギをWTA公式サイトにコメント

 テニスの4大大会の第2戦、全仏オープンが現地時間27日に開幕する。女子では世界ランク21位の大坂なおみ(日清食品)が初の4大大会制覇に挑む。大坂の今季の快進撃を支えるサーシャ・ベイジンコーチは「ナオミはクレーコートでの脅威になる」と自信をのぞかせている。WTA公式サイトが伝えている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

「コーチのサーシャ・ベイジン“ナオミ・オオサカは満足していない。向上の余地が沢山ある”」

 WTAは公式サイトでこう見出しをつけて特集している。

 同コーチは、大坂の全仏での躍進のカギとして2つのポイントを挙げている。「少しの自制心」と「狙いすぎないこと」。この2点を徹底することができたのなら「クレーでの脅威となる」と話している。

「もしナオミが上手にサーブして、狙いすぎず、自分を保てば、彼女はどのサーフェスでも脅威になる」

「私の仕事は彼女がそうできるように助け、サポートすること。シーズンを美しくスタートできた。これ以上はないくらいに。でもナオミは満足していない。彼女は今も向上しようとしている。特にクレーでね。彼女が向上できる余地は沢山ある」

 ベイジンコーチはこう話している。大坂は3月のBNPパリバ・オープンで強豪を次々と破り、ツアー初優勝を飾った。4大大会に次ぐ「プレミア・マンダトリー」での優勝は、日本人初の快挙だった。

 一方で、これまでクレーコートは決して得意ではなかった。直近のイタリア国際でも、BNPパリバで破った世界ランク1位のシモナ・ハレプ(ルーマニア)と2回戦で当たり、12ゲーム連取される完敗だった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー