[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平の「本塁打打つより奇跡」の珍事 フェンス直撃で画面から消えた物が話題【二刀流の20連戦】

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は4月22日(日本時間23日)から始まった20連戦を終了。今日12日(同13日)は試合なしとなった。この期間、投打で圧巻の活躍を演じ、日米にインパクトをもたらした。編集部がその期間のさまざまな名珍場面を「二刀流の20連戦」としてピックアップ。新たな戦いに向け、その歩みを振り返る。今回は打者編。フェンウェイパークで放った1本のヒットと、それにより起きた珍事は大きな話題を呼ぶことになった。

エンゼルス・大谷翔平の20連戦を振り返る。今回は打者編【写真:ロイター】
エンゼルス・大谷翔平の20連戦を振り返る。今回は打者編【写真:ロイター】

怒涛の20連戦を振り返る、今回は「打者編」

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は4月22日(日本時間23日)から始まった20連戦を終了。今日12日(同13日)は試合なしとなった。この期間、投打で圧巻の活躍を演じ、日米にインパクトをもたらした。編集部がその期間のさまざまな名珍場面を「二刀流の20連戦」としてピックアップ。新たな戦いに向け、その歩みを振り返る。今回は打者編。フェンウェイパークで放った1本のヒットと、それにより起きた珍事は大きな話題を呼ぶことになった。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

○5月5日(同6日)、敵地レッドソックス戦「グリーンモンスターから消えた17番」

 歴史を動かし続ける大谷のバットにはミラクルがついて回る。リアル二刀流で出場したこの試合。8回無死満塁でフェンウェイパーク名物グリーンモンスターに直撃するタイムリーを放った。打球が当たった瞬間、フェンスから何かが消えた。カードを掲げる仕組みのスコアボードから、登板中の背番号を示す自らの番号「17」が打球の衝撃で落ちてしまったのだ。この裏、マウンドには立たず、メイヤーズの「21」に代わり、自らの打球でひと足早く降板を告げる奇跡となった。

「ピッチングニンジャ」の愛称で知られる投球分析家ロブ・フリードマン氏は自身のツイッターで「ショウヘイが彼自身の背番号をスコアボードから叩き落とした。ナチュラルだ」と紹介し、日米ファンの間でも話題に。「こんなの見たことないよ」「狙ったみたいね」 投稿には「大谷翔平、自ら交代を申し出る」「ホームラン打つより奇跡」「スタッフのお手伝いまで……」「自ら降板を告げた……」などの声が続々。この日は投げても7回無失点11奪三振で今季3勝目を挙げた。

○5月9日(同10日)、本拠地レイズ戦「敵地も本拠地も実況席を揺らした初満塁弾」

 米国の実況席を揺らしたのが、キャリア初の満塁弾だ。6回に5号ソロを放ち、迎えた7回無死満塁。大谷はまたも逆方向に放った打球がレフトフェンスオーバー。グランドスラムとなった。敵地実況席は「打撃音を聞いた瞬間、フィールド上の誰もが悟りましたね。誰も動こうとしませんでした。これは信じられませんよ……」と絶句し、対照的に「Sugoi!」と日本語で絶叫。「ショウヘイ・ザ・マネー! グランドスラムだ、オオタニサン!」と大盛り上がりのアーチとなった。

 打った相手はこの日メジャー初登板だった新人右腕フォーチャー。トラウトも含め2発を浴び、1回5失点デビューとなった投手について、レイズのキャッシュ監督は「初登板であのエンゼルス強打者たちを迎えるのは理想的ではないよね。素晴らしい打者たちだ」「後で振り返ると、マイク・トラウトやショウヘイ・オオタニといった強打者と対戦できたことは感謝に値するかもね」と同情。それほど、昨季MVPを獲得した大谷という打者の地位が高いことを物語るコメントでもあった。

○4月22日(同23日)、本拠地オリオールズ戦「ファウルで咄嗟に敵ベンチへ叫んだ一言」

 大谷の人柄を感じさせる出来事が20連戦初戦で起きていた。初回の第1打席、大谷は初球からバットを振ると、鋭い打球が一塁側のオリオールズベンチに飛んだ。その瞬間、打球方向に向かって大声を出し、相手ベンチを気遣ったのだ。必ずしもすべての選手が、こうして声を出すわけではない。地元中継局「バリースポーツ・ウェスト」の実況席も「ショウヘイはいつも紳士です」「Watch Out!(気を付けて!)と言っていますね」とし、大谷の咄嗟に出た言葉に注目していた。

「バリースポーツ・ウェスト」公式ツイッターは文面に「注意喚起」と添えて実際の映像を公開。日米のファン「大谷さんがナチュラルにいい人すぎるのがメジャーにも浸透していて嬉しいですね」「気遣いに絶賛」「ショウヘイは最高だ」「彼はもう英語が完璧なんだね」などの声が集まった。この日は4打数無安打で快音は聞かれず、チームは3-5で敗れたものの、この場面は日本でも複数メディアが報道。ヒットを打たなくても、二刀流の注目度の高さも伺える出来事になった。

 ほかにも数々の話題を振りまいた大谷。チームは20連戦を13勝7敗で終え、地区首位に立っている。大谷のここまでの打撃成績は32試合、打率.258、6本塁打、21打点。投手成績は6登板、3勝2敗、防御率2.78となっている。13日(同14日)のオリオールズ戦からはダブルヘッダーを含め、6日間で敵地7連戦というハード日程。再び始まる戦いで、さらなる活躍が期待される。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集