[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平同僚が仰天弾、右打ちなのに「左打席で本塁打??」と米記者衝撃「奇抜な試合だ」

米大リーグ・エンゼルスのアンソニー・レンドン内野手が10日(日本時間11日)、本拠地レイズ戦で大量リードした8回、登板した野手に対し、本来の右打席ではなく左打席に入り、本塁打を放つ衝撃を演じた。米記者も驚いている。

エンゼルスのアンソニー・レンドン【写真:Getty Images】
エンゼルスのアンソニー・レンドン【写真:Getty Images】

大量リードで野手が登板、左打席に入ったレンドンが豪快弾

 米大リーグ・エンゼルスのアンソニー・レンドン内野手が10日(日本時間11日)、本拠地レイズ戦で大量リードした8回、登板した野手に対し、本来の右打席ではなく左打席に入り、本塁打を放つ衝撃を演じた。米記者も驚いている。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 大谷翔平の同僚が驚きの本塁打を放った。3回までに挙げた得点で8-0とリードした8回、相手のレイズは6番手として野手のブライドン・フィリップスをマウンドに送った。トラウトが2ランを打ち、大谷が二塁打を放って迎えた1死二塁、レンドンは本来の右打席ではなく左打席に入った。状況を見たパフォーマンスかと思いきや、1ボールからの2球目、緩い球をフルスイングで捉えると打球を右翼席に突き刺した。

 驚きの4号2ランに本拠地も騒然。ツイッター上の米記者も驚いた様子で、MLB公式サイトのエンジニア番レット・ボリンジャー記者は「アンソニー・レンドンが左で本塁打を打った???」と速報した。

 エンゼルスの先発左腕デトマーズがノーヒットノーラン投球をしていたこともあり、米カリフォルニア州地元局「バリー・スポーツ・ウェスト」のレポーター、エリカ・ウェストン氏は「レンドンが左打席で本塁打。この試合はワイルド(笑)」、米ニューヨーク州地元紙「ニューヨーク・ポスト」のコラムニスト、ジョン・ヘイマン氏も「アンソニー・レンドンがブレット・フィリップスから左でかっ飛ばした。左での初打席。奇抜な試合だ!」とつぶやいた。

 終わってみれば、デトマーズもノーヒッターを達成。レンドンはこの2ランを含め1安打3打点をマークし、同僚の快挙に花を添えた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集