[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平に脱帽した通算269発の敵軍4番 「球界屈指の球だ」と証言した変化球とは

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手が5日(日本時間6日)、敵地レッドソックス戦に「3番・投手兼DH」で先発出場。投げては7回無失点11奪三振の快投で今季3勝目を挙げた。対戦した通算269本塁打のレッドソックス4番打者は投手・大谷の凄みについて証言している。

レッドソックス戦に「3番・投手兼DH」で先発出場したエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
レッドソックス戦に「3番・投手兼DH」で先発出場したエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

3打数無安打だったJD.マルティネス「全ての球が予想不可能に感じる」

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手が5日(日本時間6日)、敵地レッドソックス戦に「3番・投手兼DH」で先発出場。投げては7回無失点11奪三振の快投で今季3勝目を挙げた。対戦した通算269本塁打のレッドソックス4番打者は投手・大谷の凄みについて証言している。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 米マサチューセッツ州地元メディア「マスライブ」によると、大谷に対して1三振を含め3打数無安打だった4番のJD.マルティネスは「非常にタフだった」と振り返ったという。理由について「全ての球が予測不可能のように感じるからね」と挙げた通算269発スラッガーはこう証言した。

「いくつかの速球はツーシーム(の変化)で、カット気味だったりもする。スライダーは、いくつか内角スレスレかと思えばプレートの端から端まで大きく曲がるものもある。スプリットは以前に何球か見たけど、(今日のものより)もっと落ちていた。自分に対して(手を左に動かしながら)こっちの方に動かしてきたよ」

 速球から変化球まで多彩な技術について語り、さらに「あの球(スプリット)はスタッシさえも混乱させていたよ」という大谷の宝刀の威力を説明した。

「彼は全部の球を強く投げるんだ。そのうちいくつかは変化し、ほかは変化しない。内角スレスレのもある。試合で見るだろ。打者が狙っていても曲がらなかった球がたくさんある。球界で最高の球はあの内角スレスレのバックアップ・スライダー(フロントドア)だよ」

 今季はスプリット以上に冴え渡っているフロントドアのスライダーを絶賛。今季3勝目を挙げた二刀流右腕は変化球の質を上げ、着実に進化を遂げている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集