[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、中継映像でも聞こえる雄叫び連発 日本人ファンも「心が震えるわ」と興奮

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手が5日(日本時間6日)、敵地レッドソックス戦に「3番・投手兼DH」で先発出場。投げては7回無失点11奪三振の力投で今季3勝目を挙げた。5回2死二塁のピンチでは100マイル(約161キロ)の速球と変化球を織り交ぜ、三振で切り抜けた。唸り声を上げた渾身の投球が、日米ファンを「オオタニが神モード突入」「大谷ってこんなに叫んだっけ」と脱帽させている。

7回無失点11奪三振の力投で今季3勝目を挙げたエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
7回無失点11奪三振の力投で今季3勝目を挙げたエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

5回2死二塁のピンチで演じた熱投、米実況席は「エリート打者もノーチャンスだ!」

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手が5日(日本時間6日)、敵地レッドソックス戦に「3番・投手兼DH」で先発出場。投げては7回無失点11奪三振の力投で今季3勝目を挙げた。5回2死二塁のピンチでは100マイル(約161キロ)の速球と変化球を織り交ぜ、三振で切り抜けた。唸り声を上げた渾身の投球が、日米ファンを「オオタニが神モード突入」「大谷ってこんなに叫んだっけ」と脱帽させている。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 聖地フェンウェイパークに大谷の声が響いた。0-0の5回2死二塁、強打者ラファエル・デバースを左打席に迎えた場面。先制点を絶対に与えたくない大谷は初球から「うあ゛!」と唸り声を上げながら100マイル、99マイル(約160キロ)の速球を続けた。1-1からの3球目で81マイル(約130キロ)のカーブで豪快な空振りを奪い、追い込む。そして、ファウルを挟んだ5球目に92マイル(約148キロ)のスプリットを内角に投げ込み、見逃し三振でピンチを脱した。

 大谷も拳を握りながら、派手なアクションとともに「うりゃあ゛ぁぁ!」とこの日一番の雄叫びを上げた。普段はクールな男が演じた力投に、実況席も大興奮。「100マイルと切れ味抜群の変化球を織り交ぜた」「エリート打者もノーチャンスだ!」と伝えていた。実際の映像をMLB公式ツイッターが公開。「ショウヘイはアンフェアだ!」とつづった。

 米ファンからは「エグい!」「これは芸術だ」「感銘を受けたよ」「お見事」「緩急のつけ方とんでもない」「オオタニが神モード突入」「気合入ったショウヘイは違うね」と反響が続々。中継映像でも大谷の咆哮ははっきりと聞こえており、日本のファンからは「吼えまくっている」「うめき声がカッコいい」「エンドレス再生しちゃう」「心が震えるわ」「大谷ってこんなに叫んだっけ」「翔平様の雄叫びスペシャル」などの声が上がった。

 11奪三振の力投を披露した大谷は、打っては4打数2安打1打点と活躍。8-0の勝利に大きく貢献した。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集