[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、グリーンモンスター直撃打で画面から消えた物が米話題「こんなの見た事ない」

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手が5日(日本時間6日)、敵地レッドソックス戦に「3番・投手兼DH」で先発出場。投げては7回無失点11奪三振の快投で今季3勝目、打っては4打数2安打1打点と投打で躍動した。8回無死満塁の打席ではフェンウェイパーク名物グリーンモンスター直撃のタイムリー。この打球で生まれていた珍ハプニングが米国で話題を呼んでいる。

8回、グリーンモンスター直撃のタイムリーを放ったエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
8回、グリーンモンスター直撃のタイムリーを放ったエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

フェンウェイパーク名物で珍事「自分の背番号を叩き落とした」

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手が5日(日本時間6日)、敵地レッドソックス戦に「3番・投手兼DH」で先発出場。投げては7回無失点11奪三振の快投で今季3勝目、打っては4打数2安打1打点と投打で躍動した。8回無死満塁の打席ではフェンウェイパーク名物グリーンモンスター直撃のタイムリー。この打球で生まれていた珍ハプニングが米国で話題を呼んでいる。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 二刀流の元祖ベーブ・ルースの聖地でミラクルが生まれた。リアル二刀流でフェンウェイパークに立った大谷は8回無死満塁の打席、右腕ハウクが投じた初球の直球をとらえた。逆方向に放った大飛球は名物グリーンモンスター直撃。この瞬間、画面から何かが消えた。

 この場面に注目したのが、「ピッチングニンジャ」の愛称で知られる投球分析家ロブ・フリードマン氏。普段はピッチングをクローズアップしているお馴染みの同氏は自身のツイッターで「ショウヘイが彼自身の背番号をスコアボードから叩き落とした。ナチュラルだ」と記した。

 打球を見ると、左翼フェンスにあるスコアボードに当たっている。電子表示ではなくナンバーボードを掲げる仕組みとなっており、この日の先発投手の背番号を示した大谷の「17」が打球の衝撃で落ちてしまったのだ。

 フリードマン氏の投稿にも「出来ないことはないの? ハッハッハッ」「伝説は続く」「信じられない!」「スゲー!」「こんなの見たことないよ」「狙ったみたいね」と普段フェンウェイパークを見慣れている米ファンからも驚きの声が上がっていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集