[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

鈴木誠也、打率.263と下降気味の理由 投球分布図で米指摘「理由は驚くほどシンプル」

米大リーグ・カブスの鈴木誠也外野手の優れた選球眼は、MLBでもすぐに研究されているようだ。直近5試合中4試合で無安打に終わるなど開幕の勢いが落ち着いた中、米メディアは相手の投球分布図の変化に注目。投球チャートの“証拠画像”を用いて説明すると、米ファンからは「少し休息が必要かも」とコメントが寄せられた。

カブス鈴木誠也に対する配球データが注目を集めている【写真:ロイター】
カブス鈴木誠也に対する配球データが注目を集めている【写真:ロイター】

鈴木誠也への投球内容を米メディア比較

 米大リーグ・カブスの鈴木誠也外野手の優れた選球眼は、MLBでもすぐに研究されているようだ。直近5試合中4試合で無安打に終わるなど開幕の勢いが落ち着いた中、米メディアは相手の投球分布図の変化に注目。投球チャートの“証拠画像”を用いて説明すると、米ファンからは「少し休息が必要かも」とコメントが寄せられた。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 鈴木に対する投球内容の変化に注目したのは、カブス専門メディア「ブリーチャー・ネーション」だった。開幕1週目、それ以降の投球チャートの2種類の画像を比較しながらツイッターに公開。投球の割合が高い赤い部分が、ストライクゾーンの外から内に変化したのは明らかだ。相手は枠内で勝負する傾向が強まったようだ。

 鈴木は3日(日本時間4日)の本拠地ホワイトソックス戦で4打数無安打だった。同メディアは「5球以上見た後に、3球目のストライクを見逃す打者はこれまで見たことない」と第1打席の見逃し三振に反応。投球チャートとともにこう説明した。

「そうなる理由の説明は驚くほどシンプル。開幕から1週間、投手はボール球をたくさん投じた。彼が振らないと気づくと、どうでしょう、投手たちはストライクをどんどん投げ始めた。(投球変化に)1週間しかかからなかったんだ!」

 鈴木は2試合ぶりの無安打で打率.263に。チームも1-3で敗れた。一連のツイートに対し、米ファンからは「彼はたぶんまだ適応最中なんだよ」「彼はまだこのリーグについて学んでいるんだと思う」「少し休息が必要かも」と意見が寄せられた。

 開幕から12試合連続出塁を記録するなど、4月のナ・リーグ月間最優秀新人に選出された。長いシーズンで成績が落ちる時期はどんな選手にもある。優れた選球眼はメジャー投手陣にも警戒されている中、今後の打席で奮起が期待される。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集