[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

W杯予選のおびただしいレーザー照射で物議 セネガル罰金2340万円も非難続く「再戦を」

サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)アフリカ最終予選で物議を醸していた、セネガル観客の妨害について、FIFAはセネガルに対して18万ドル(約2340万円)の罰金を科した。PK戦で、エジプト選手に向けておびただしい数のレーザー照射が行われたため。米メディアが報じている。

3-1でPK戦を制したセネガル代表と妨害を受けたエジプト代表(赤)【写真:AP】
3-1でPK戦を制したセネガル代表と妨害を受けたエジプト代表(赤)【写真:AP】

アフリカ最終予選、エジプト選手に観客がレーザー照射

 サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)アフリカ最終予選で物議を醸していた、セネガル観客の妨害について、FIFAはセネガルに対して18万ドル(約2340万円)の罰金を科した。PK戦で、エジプト選手に向けておびただしい数のレーザー照射が行われたため。米メディアが報じている。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 問題のシーンが生まれたのは、現地時間3月29日に行われたセネガル―エジプト戦。ホーム&アウェーの直接対決2戦を終え、合計スコア1-1で並び、PK戦決着となった。エジプトのスター選手、モハメド・サラーが1人目のキッカーとなったが、ここでセネガルのサポーターからは、おびただしい数のレーザーポインターが向けられた。

 顔全体が緑になってしまいそうなほど照射され、ピッチを見てもその数の異常さが伝わってくる。英1部プレミアリーグの名門リバプールでプレーするサラーだが、シュートは枠外へ。この失敗もあり、セネガルは3-1でPK戦を制した。

 実際の映像がSNSなどで拡散され、海外ファンから多くの非難が寄せられていたが、米メディア「TMZ」は「FIFAはセネガルに18万ドルの罰金を科した。W杯予選のエジプト戦でサラーに向かってレーザー放射したファンがいたためである」と記事で伝えた。

 この試合の勝利でW杯本戦の出場権は手にしたセネガルだが、映像とともに罰金を伝えた米スポーツ専門局「ESPN」のサッカー専門インスタグラムには「これで状況が良くなりますように」「それで終わり?」「ばかげている」「フェアじゃない」「再戦をすべき!」「18万ドルでW杯に行けるのか」「このお金はFIFAに行くの?」などと海外ファンから未だに非難の声が集まっている。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集