[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

4番大谷翔平、待っていた豪快4号ソロに米記者は復活確信「左中間への打球が示している」

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は29日(日本時間30日)、敵地ホワイトソックス戦に「4番・指名打者」で先発出場。初回の第1打席で11試合ぶりとなる4号ソロを放った。

初回、11試合ぶりとなる4号ソロを放つエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
初回、11試合ぶりとなる4号ソロを放つエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

初回に左中間への一発、飛距離128メートル&打球速度174キロ

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は29日(日本時間30日)、敵地ホワイトソックス戦に「4番・指名打者」で先発出場。初回の第1打席で11試合ぶりとなる4号ソロを放った。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 この時を待っていた。初回2死、今季初めて4番に座った大谷は、右腕ジオリトの直球をフルスイング。見送ればボールかという高さだったが、センター方向に高々と舞い上がった打球はぐんぐん伸び、中堅左の客席に着弾した。16日(同17日)の敵地レンジャーズ戦以来、11試合ぶりの一発をド派手に飾り、ざわめく敵地のダイヤモンドを一周。ベンチで恒例のハットを被されたが、前が見えないハプニングも起きた。

 ツイッター上で、米地元紙「オレンジカウンティ・レジスター」のエンゼルス番のジェフ・フレッチャー記者は「通算97号。左中間への当たりになったことで、彼が思い通りにスイングしていることを示している」と大谷らしい打球に復活を実感。シカゴスポーツ専門メディア「ブリーチャー・ネーション」のパトリック・フラワーズ記者は「オオタニがジオリトから深いところに放った。今日のエンゼルスは厄介になりそうだ」と伝えた。

 MLB公式サイトのエンゼルス番レット・ボリンジャー記者は「飛距離419フィート(約128メートル)、打球速度は108.3マイル(約174キロ)。第4号本塁打だった」と記した。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集