[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平2発の裏で起きた72年間で3度目の珍事 米記者困惑「バリーボンズと同じだ」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は15日(日本時間16日)、敵地レンジャーズ戦に「1番・指名打者」で先発し、今季1、2号の2本塁打を含む5打数2安打3打点と活躍した。9-6で勝利した一方、味方は4回に満塁で申告敬遠。ジョー・マドン監督による前代未聞の“奇策”に、米記者は「え、どういうこと? え、何?」と困惑した。

1試合2本目の本塁打を放ち、ベンチで祝福されるエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
1試合2本目の本塁打を放ち、ベンチで祝福されるエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

エンゼルス監督の采配とは

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は15日(日本時間16日)、敵地レンジャーズ戦に「1番・指名打者」で先発し、今季1、2号の2本塁打を含む5打数2安打3打点と活躍した。9-6で勝利した一方、味方は4回に満塁で申告敬遠。ジョー・マドン監督による前代未聞の“奇策”に、米記者は「え、どういうこと? え、何?」と困惑した。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 大谷の復活に盛り上がる裏で、まさかの采配が飛び出した。逆転を許した後、2-3の4回1死満塁。右腕オースティン・ウォーレンに対するのは、2番の左打者コーリー・シーガーだった。ドジャースに所属した昨季は打率.306、16本塁打をマークし、2020年ナ・リーグ優勝決定シリーズとワールドシリーズでMVPに輝いた巧打者。ここでマドン監督はなんと申告敬遠を選んだのだ。

 追加点を献上し、続く打者に中犠飛でさらに1点を許した。なおも2死二、三塁で今度はウォーレンがボークでもう1点。結果論ではあるが、この回5失点で2-6と散々な内容となった。試合中、米記者たちは采配にツイッターで様々な反応。米地元紙「ダラス・モーニングニュース」のジョセフ・ホイット記者は「コーリー・シーガーがバリー・ボンズと同じような扱いを受けた。マジか」とつづった。

 米スポーツメディア「ジ・アスレチック」のエンゼルス番サム・ブラム記者も「え、どういうこと? 1死満塁でコーリー・シーガーを迎えた場面。エンゼルスは申告敬遠を選択。え、何?」と困惑。MLB公式サイトによると、満塁で敬遠を受けた打者は1998年のバリー・ボンズ、2008年のジョシュ・ハミルトンに続き、1950年以降3度目だった。ハミルトンの時、相手のレイズを率いたのはマドン監督だった。

 エンゼルスは、大谷の2号2ランなど直後の5回に再び逆転。勝利を収めてよかったが、まさかの選択が話題を集めていた。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集