[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、“マン振り”先頭弾に元アストロズ監督が驚嘆「初球でこんなスイングを…」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は15日(日本時間16日)、敵地レンジャーズ戦に「1番・指名打者」で出場し、2本塁打を含む5打数2安打3打点と活躍した。初回には初球先頭打者弾で今季1号。米中継の解説を務め、2013、14年にアストロズを率いたボー・ポーター氏は、大谷が打った瞬間に「Woo」「初球からこんなスイングが…」と唸った。

初回に今季第1号となる先頭打者本塁打を放った大谷翔平【写真:Getty Images】
初回に今季第1号となる先頭打者本塁打を放った大谷翔平【写真:Getty Images】

大谷翔平が5打数2安打3打点で勝利に貢献

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は15日(日本時間16日)、敵地レンジャーズ戦に「1番・指名打者」で出場し、2本塁打を含む5打数2安打3打点と活躍した。初回には初球先頭打者弾で今季1号。米中継の解説を務め、2013、14年にアストロズを率いたボー・ポーター氏は、大谷が打った瞬間に「Woo」「初球からこんなスイングが…」と唸った。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 初球からマン振りで仕留めた。初回先頭打席。大谷は高めの球を豪快に振り抜き、右中間スタンド最前列へ放り込んだ。米放送局「MLBネットワーク」公式ツイッターは、先頭打者弾の動画を公開。解説を務めた元アストロズ監督のボー・ポーター氏は、打った瞬間に「Woo」と感嘆した様子の低い声を漏らした。

 渡米後ワーストとなる開幕7戦30打席ノーアーチだっただけに、同氏は「彼は苦しんでいたはずです。これがきっかけになるだろう」と復調すると強調。「とても高いボールだった。バックスピンがかかっていたはずだ」と続けた。さらにダイヤモンドを1周した後も「初球からこんなスイングができるのか……」と驚いたようだ。

 大谷は第3打席には右越え2号2ラン。ポーター氏が語った通り、不振脱出を証明する一撃だった。5打数2安打3打点。9-6の勝利に貢献した。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集