[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、滞空時間6.7秒の“スカイハイ弾”に敵軍元GM驚き「そうそう見られないよ」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は15日(日本時間16日)、敵地レンジャーズ戦に「1番・指名打者」で先発し、2本塁打を含む5打数2安打3打点と完全復活を印象付けた。球団公式などは本塁打の動画を公開。敵地解説者は今季1号の“ムーンショット”に「そうそうお目にかかれない」と驚愕した。

先頭打者本塁打を放ち、ベースを回るエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
先頭打者本塁打を放ち、ベースを回るエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

大谷翔平今季1号は驚きの当たり

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は15日(日本時間16日)、敵地レンジャーズ戦に「1番・指名打者」で先発し、2本塁打を含む5打数2安打3打点と完全復活を印象付けた。球団公式などは本塁打の動画を公開。敵地解説者は今季1号の“ムーンショット”に「そうそうお目にかかれない」と驚愕した。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 待望の一発はなかなか落ちてこなかった。初回先頭打席。大谷は高めの初球を豪快に振り抜いた。高々と舞った打球はゆっくりと右中間スタンドへ。滞空時間は6秒7にも及んだ。敵地テキサスの中継局「バリー・スポーツ・サウスウェスト」の実況は「右翼深くに飛びます。ガルシアは下がりましたが、ブルペンに飛び込みました。ショイヘイ・オオタニ、ソロショットだ。エンゼルス先制。1球で1点です」と伝えた。

 同局で解説と務めたレンジャーズ元GMのトム・グリーブ氏は、前日のエンゼルス戦で生まれたレンジャーズ打者の一撃と比較しながら驚きを込めて語った。

「昨日コーリー・シーガーが長距離弾を放ちました。スカイハイ弾でした。このホームランはそこまでの飛距離ではありませんでしたが、高さはそれ以上でしたよ! こんなホームランはそうそうお目にかかれるものではありませんよ」

 MLB公式サイトによると、2本目は飛距離415フィート(約126.5メートル)、打球速度108.1マイル(約174キロ)だった。同サイトのデータ解析システム「スタットキャスト」担当のデビッド・アドラー氏は、ツイッターで「オオタニは時速108マイル、角度41度のムーンショットの今季第1号を放った」と説明した。月にも届きそうな打球はインパクト絶大だったようだ。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集